古銭の基礎知識

【違法?】古銭は捨てても大丈夫?おすすめは”寄付”もしくは”買取”

引越し

ご自宅で大量の古銭・昔の硬貨が見つかって処分したい場合、「古いものだけどお金はお金だから、どうやって捨てたらいいかな…」と悩んでしまいます。

ゴミとして捨てるにはどうすればいいか?そもそも捨てていいものなのか?ほかにおススメの処分方法はないか?などなど案外、疑問でいっぱいです。

そこで今回は古銭・昔の硬貨の捨て方についてご紹介します。

20211027

古銭買取の最新情報

古銭、古紙幣、硬貨、コインの適正価格を知るには、必ず専門の鑑定士がいる買取業者に依頼してください。当サイトでお問い合わせが多い「バイセル」は全国出張買取で専門の査定員が自宅で無料鑑定してくれます。

もちろん、売るかどうかは鑑定次第で問題ありません。「価格や価値が知りたい!」方にもおすすめです。

      
買取・鑑定・売却ならこの方法がおすすめ
買取方法鑑定の正確さ高価買取対応地域
リサイクルショップ×店舗周辺
金券ショップ店舗周辺
古銭買取専門業者全国
古銭買取専門業者なら業界大手"バイセル"が安心
  • CM&マザーズ上場で有名な買取業者(利用率No.1)
  • プロの査定員が全国出張買取(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高額買取に期待

(※1点からOK!電話相談可)

古銭・昔の硬貨は捨ててもいいの?

複数の古銭・古紙幣

古いお金であっても捨てるとなると、なんとなく罰当たりな気もしますが、「そもそも、法律的に違法ではないのか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

調べてみたところ、貨幣を損傷または鋳潰すことを禁じる「貨幣損傷等取締法」というものは存在します。コインを曲げたり削ったり、溶かして地金にかえしたりと加工してはいけないという法です。

これには捨てるというお金の処分は含まれていません。

注意点

ちなみに違反になる対象貨幣は「五百円、百円、五十円、十円、五円及び一円の六種類」と「記念貨幣」となっています。

古いお金は対象外であるようですし、千円札など紙幣も含まれていません。ということで、お金を捨てるのは違反だというイメージがありますが、古銭・昔の硬貨をゴミとして捨てるのは問題ありません

ではどうやって処分すればいいのか。

古銭・昔の硬貨の捨て方

ポイント

古いお金をゴミとして処分する際、ほかのゴミと同じく分別して出す必要があります。硬貨は金属製の物品なので「資源ごみ」として扱うのが一般的です。

金属系の資源ごみといえばお鍋やフライパン、スプーンなどがそれにあたりますが、自治体によっては「複雑ごみ」「もえない小物(不燃の小物)」「小型金属類」といった分別になっているところもあります。

お住いのゴミの出し方を確かめた方がいいですが、基本的には「お鍋やスプーンと同じグループ」と思っておいていいでしょう。

捨てるのはもったいない場合も

STOPするサラリーマン

ゴミとして古銭を捨てるのは手っ取り早い処分方法ですが、捨てると大損というケースもあります。

特に古銭がご自身の所有物ではなく、他人から譲られたものやご家族の遺品などの場合には、知らないだけで貴重な古銭である可能性もあります。

よっぽど古銭に精通していない限り、その値打ちを正確に判断することはできないため、とりあえず買取業者に見てもらった結果、「たったひとつの古銭が数万円だった」なんてことも。

あとで古銭の処分の仕方をいろいろご紹介しますが、ゴミとして捨てるのは最終手段と考えておくのがいいかもしれません。

売らない古銭・売れない古銭の処分方法

タブレットを持つサラリーマン

「とにかく売らずに捨てるつもりだ」「値打ちがなくて売れなかったので捨てるしかない」という古銭の場合、ご家庭の資源ごみとして出すことになりそうですが、大量にあってそうはできない際の捨て方についてご紹介しておきます。

自分だけでは処分できないときには、不要品・廃品の回収業者に依頼するのも方法のひとつです。特に遺品整理や引っ越しの際には、ほかの物品とともに持っていってもらうといいでしょう。

ポイント
古銭のみを回収してもらえるかどうかは業者ごとで対応が異なるため相談する必要があります。また、業者を使う際には費用がかかるのが一般的です。

不要品・廃品の回収業者のなかには値打ちのある品は買取を行ってくれるところもあります。しかしそういう面から利用するのであれば、古銭買取業者に依頼した方がお得です。

古銭買取業者なら自宅まで無料で出張査定をしてくれますし、不要品の回収業者よりも鑑定の精度が高く、積極的に買取取引してくれます。

そのためお持ちの古銭が買い取ってもらえないものだと分かっていて、なおかつ、ふつうのゴミとして処分できないほど大量にある場合には、不要品・廃品の回収業者に依頼するのがいいでしょう。もしくは次の寄付という方法もあります。

古銭を寄付・寄贈するのは?

宅配買取

古銭を処分するとき、なんとなくゴミとして捨てるのはもったいないという気がして、寄付・寄贈を考えた方もいるでしょう。

この方法をとる場合、寄贈する団体を探すことから始めなければなりません。寄付を受け付けているか、その条件はどういったものかを一つずつ調べる必要があります。

古いお金だからということで身近な歴史資料館や博物館などをまっさきに思いつきますが、寄贈の募集をしてないのが一般的ですので自ら相談して伺う必要が出てきます。

よっぽど貴重な古銭なら引き取ってもらえる可能性もありますが、多くが引き取り不可だと思います。何よりそれだけレアな古銭なら、かなりの高値が期待できるので売却することをおすすめします。

調べてみたところ、難民支援団体や環境保護団体などが寄付を募集しており、古銭も可能となっていました。寄付の方法としては、承諾書をダウンロードし、記入し、古銭とともに段ボールに入れて送るというものが一般的です。

古いお金を郵便局で交換、銀行で換金できる?

銀行の看板

古いお金を郵便局や銀行に持っていって両替してもらえるのか。結論からいえば、ある種の古い貨幣なら、郵便局や銀行で今のお金に換金することができます。

その古いお金というのは以下のようなものになります(参照:日本銀行「その他有効な銀行券・貨幣」)。

【現在発行されていないが有効な銀行券】
  • 一万円券
  • 五千円券
  • 千円券
  • 五百円券
  • 百円券
  • 五十円券
  • 十円券
  • 五円券
  • 一円券

【現在発行されていないが有効な貨幣】
  • 500円白銅貨幣
  • 100円銀貨幣
  • 50円ニッケル貨幣
  • 10円青銅貨幣
  • 5円黄銅貨幣

例えば一円券というお札は明治時代から発行されており、記録上、戦後の1958年(昭和33年)まで続いていました。

一円券の価値は換金した場合、額面通りの「1円」で、ほかの貨幣も同様です。古銭だからといって付加的な価値はつきません。もちろん、買取に出した場合だと事情は異なり、高値がつくこともあります。

このような現在発行されていないが有効なものとして18種類の銀行券と8種類の貨幣があり、これらは今のお金に換金できます。失効している古い貨幣もあるので確認しましょう。

「古銭や古紙幣を銀行交換・両替するのは損…」買取専門店ならお得!

【NG】古銭や古紙幣を銀行両替・交換はおすすめしない 古銭や古紙幣と言……続きを読む
銀行の看板

換金できる場所は日本銀行(本支店)です。郵便局では両替という業務はやっていないので、窓口で自分の口座へと入金手続きをするという形で、間接的に換金することになります。

そのため口座を持っていない場合にはできません。

お得に処分しよう!古銭の売り方

チェックリスト

ここまで、ゴミとしての捨て方や不要品回収、寄付・寄贈、換金といった処分方法についてお話してきましたが、いずれにせよ、「古銭は額面以上のお金になる可能性がある」のでもったいないです。

例えば一見とくに変わったところもなさそうな十円札が希少性の高いものだったりするので、とりあえず鑑定してもらうのがおすすめです。

古銭をお得に処分できる4つの方法
方法 高価買取 費用 トラブル
古銭買取業者 なし
リサイクルショップ なし
ネットオークション あり
フリーマーケット × あり

ふつうに捨てるわけではなく売却ですから、できる限り高く売ることにはこだわりたいです。表を比較して分かる通り、高額買取を狙うなら圧倒的に古銭買取業者を利用することをおすすめします。

古銭買取業者なら費用も無料で、あとで詳しく解説するように店舗に持ち込むだけでなく、ご自宅への出張買取サービスや宅配買取など自分に合った手段を選べます。

プロの鑑定士に見てもらい、取り引きするので余計なトラブルも回避できます。とはいえ、いろんな方法から検討したいという方もいらっしゃるでしょうから、この4つの方法について詳しく見てきましょう。

古銭買取業者

出張買取

古銭買取業者といえばどことなく敷居の高そうなイメージがありますが、現在多くのお店が気軽に利用できるようになっています。

古銭を売却する人というのは決して古銭コレクターばかりではなく、むしろ現在では、ひとに譲ってもらったり遺品整理で見つかったりといった事情によって古銭について詳しく知らない人が処分のために売るということの方が多いかもしれません。

古銭買取業界というのは意外と激戦で買取店は年々増加しているので、先に挙げた現状も踏まえてどの店もサービスがかなり向上し、古銭の素人でも心配なく利用できます。

出張・宅配・店舗の3つの買取方法

チェックするサラリーマン

お店にもよりますが、出張買取、宅配買取、店舗持ち込みの2つ、ないし3つから選べるようになっているところが大半です。

特に近年主流になりつつあるのが出張買取です。利用者は自宅にいるだけですべてが行えます。もちろん出張費も査定費も無料ですし、鑑定結果に不満があって契約不成立でもキャンセル料はかかりません。

古銭1点のみでも出張買取ができるという店もあり、大手の業者に多いサービスです。また、男性を家にあげるのに抵抗があるという女性のために、女性査定員を希望できるサービスなどもあります。

精度の高い鑑定と積極査定

電卓をもつサラリーマン

プロの鑑定士に見てもらえるため、実はかなり値打ちものの古銭なのにそれが分からず二束三文と査定されてしまったなどということはありません。

あとで紹介するリサイクルショップなどで査定してもらうと古銭の専門家ではないためにそういったことが起こりえます。

なかには古銭買取業者だと、素人に対して、実際は高値なのに騙して安く買い取ろうとしないかと不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、大手の優良業者を利用すれば安心です。

むしろ、業者間での競争が激しいため、どうにか自社で売ってもらおうと客が満足のいく査定を目指してくれます。それでも心配だという方は複数の買取店で査定してもらって、現実的な相場を確かめるのがいいでしょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップ

リサイクルショップでも古銭を扱っているところがあります。リサイクルショップはどの町にも一つは見つかるというくらい身近なものなので、気軽に足を運びやすいです。古銭と一緒にほかの品もまとめて処分する場合などには便利です。

古銭買取業者のように出張査定があるかどうかは店ごとで異なりますが、持ち込みが一般的です。洋服や家具、家電など大量に売却したい場合のみ利用可というような店もあります。

査定費用は無料ですが、気をつけたいのは買取額の期待の低さ。リサイクルショップは様々な品目を扱っているので、多くの場合、古銭を専門としたスタッフがいません。アルバイトのスタッフによるマニュアル通りの査定になるので、鑑定精度はかなり低いです。

古銭買取業者なら鑑定の際、依頼者に対して、その古銭についてわかりやすく説明してくれるので納得がいきやすいですが、リサイクルショップであれば単に売買の手続きだけになるので、そういう側面からも満足度が低くなりやすいです。

ネットオークション

お店でスマホを触る女性

ネットオークションでも古銭を売ることはできます。ちょこっとのぞいてみるだけでも、様々な古銭が出品されているのが分かります。

数万円、数十万円という高額な取引がされており、品によっては十分に満足のいく高値で売却できる見込みもありますが、もちろん、すべての古銭が、というわけでもありませんし、反対に、価値の高い古銭が安く買い叩かれたり、まったく売れないというケースもあります。

ネットオークションは個人間のやり取りなのでトラブルが起きやすいです。その品にクレームが出ることもあれば、代金が入金されないなど大変な目に遭うことも。何よりも手続きに手間暇がかかります。

オークションに出品するためにネットオークションサイトに登録し、古銭の画像を撮影、商品説明のためにどのような古銭か詳しく調べて書き記し、金額設定や期間などのプランを立てなければなりません。

それに加えてオークションの利用料もかかります。オークション経験者であり、古銭についてもそれなりの知識があるという方を除いては、古銭買取業者を利用した方が労力もかかりませんし、安心して売却することができるでしょう。

フリーマーケット

書類を書く女性

フリマに参加して古銭を売るという方法もありますが、これは参加費用が必要なうえ、安く売っても構わないという際の手段といえるでしょう。

というのも、フリーマーケットというのは客側が安く買ってなんぼという態度ですから、交渉となると、値引きの話になるのがふつうです。

買取店では査定額アップの交渉になるのが自然ですので、両者では売却結果が雲泥の差となります。また、売れ残る可能性も高いので、結局、別の方法で処分するという流れになるかもしれません。

損しない処分方法!おススメ古銭買取店の選び方

勉強をしている人

以上から、お得に満足のいく古銭の処分方法は「古銭買取業者」を利用することです。

問題は「どの店を選べばいいのか?」ということだと思います。買取業者についてリサーチするときには以下のポイントに注目して比較検討してみるといいでしょう。

買取方法  持ち込み、出張、宅配
買取対象エリア 店舗の所在地、出張の地域
査定の料金 査定や出張などの手数料
買取対象 買取品目と買取できない古銭の種類
買取価格の相場 店が紹介する買取相場・実際の買取例
サービス・優良・専門性 サービス内容、プロの鑑定士の在籍の有無、買取実績

まずは自分の使いたい買取方法があるかどうかをチェックするといいでしょう。例えば出張買取を選ぶとき、その店で出張可能なエリアかどうかを確かめることも必要です。

査定料等の費用に関しては一般的に、どの店も無料です。買取対象というのは、店ごとで取り扱っている古銭の種類が違うことがあります。大手の買取業者だと、古銭全般が対象である傾向です。

こういった項目を比較しながら自分に合った買取店を見つけるといいでしょう。

評判が高い!人気の古銭買取店ランキング

コルクに書かれたランキング

ここでは高額買取を期待できるおすすめ古銭買取店をご紹介します。

迷ったらまずはこの5社を候補に入れておけばまず間違いないという優良業者ばかりです。

評判が高い!人気の古銭買取店ランキング一覧

1位:バイセル(旧:スピード買取.jp)

バイセル
買取品目 古銭、切手、着物、宝石、金・プラチナ、
ブランド服、時計、骨董品、お酒、金券など
対応地域 全国対応
(北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄)
費用 無料
買取方法 店舗/出張/宅配※古銭類・ワレモノは除く
営業時間 完全予約制のため要相談
支払い方法 店舗・出張買取:即現金可
郵送買取:振り込み
特徴 現在、坂上忍さんを起用したCMでもお馴染みの『バイセル』。
大手買取業者のなかでもトップクラスの実績を誇り、古銭のほか着物や宝石など
様々な品目の買取にも力を入れています。
ご自宅にある複数の品をまとめて処分したいという方にもおすすめです。

まず間違いなく、買取店候補として入れておきたいのがバイセルです。サービス内容のどの面をとっても高水準で、トータルのバランスのよさがとても良いです。

2019年自社の調べでは「年間お問い合わせ件数27万件」「出張訪問の成約率80%以上」など評判がよく、特に出張買取での顧客満足度、価格満足度、サービスの安心度が高評価を受けています。

どこにするか迷ったらまずは始めにバイセルで査定してみてはいかがでしょうか。

2位:福ちゃん

福ちゃん

福ちゃん
買取品目 古銭、切手、着物、宝石、金・貴金属、
ブランド品、骨董品、毛皮、洋服、お酒など
対応地域 全国対応
(北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/)
費用 無料
買取方法 店舗/出張/宅配
営業時間 店舗による(※予約不要)
支払い方法 店舗・出張買取:即現金可
郵送買取:振り込み
特徴 現在、芸能人の中尾さんご夫婦が広告塔となっている『福ちゃん』。
独自の販売ルートを持っていることで、積極的な買取価格を実現できる点に特徴がある。
古銭の買取値にとことんこだわりたいという方にもおすすめです。

業界で一、二を争うほどいま勢いのある『福ちゃん』。「買取実績600万点」という長年蓄積されたノウハウによって鑑定してくれます。

店舗は予約なしの飛び込みOK、出張はコイン一枚からでも可能というように、古銭の買取自体について漠然とした不安がある方も利用しやすいです。

3位:買取プレミアム

買取プレミアム

買取プレミアム
買取品目 古銭、着物、金・プラチナ、切手、宝石、
毛皮、ブランド服、時計、骨董品、お酒、金券など
対応地域 全国対応
(北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄)
費用 無料
買取方法 店舗/出張/宅配※古銭類・ワレモノは除く
営業時間 完全予約制のため要相談
支払い方法 店舗・出張買取:即現金可
郵送買取:振り込み
特徴 丁寧な接客対応で評判のいい『買取プレミアム』。
出張買取をメインとする業者で、スピード訪問にこだわっている。
ITを駆使した販売戦略やビッグデータによる査定システムなど日々買取の満足度を高める
運営がされているのもポイント。

古銭の買取においては出張がメインとなりますが、女性査定員の希望、24時間体制のお客様相談室の設置等きがねなく利用できる体制が築かれています。スピーディーな査定もその特徴のひとつです。

とくに利用者にストレスを感じさせないような接客に力を入れており、とても親切に対応してくれたという声も多数です。

4位:ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤーの即ウル

ウルトラバイヤー
買取品目 古銭、切手、着物、宝石、金・プラチナ、
ブランド品、楽器、カメラ、家具、本、農機具、教材など
対応地域 全国対応
(北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄)
費用 無料
買取方法 店舗/出張/宅配
営業時間 10:00~17:00 土・日・祝休業
支払い方法 店舗・出張買取:即現金可
郵送買取:振り込み
特徴 総合買取店の『ウルトラバイヤー』。古銭のほかPCや工具、スマホ、おもちゃ、鉄道模型、
スポーツ用品など手広く買取を行っている。
買取方法のメインは宅配・出張。家の整理、引っ越しなどで大量の物品を
いっせい処分したいという方にもおすすめです。

公式ページによれば「利用者数571,815件突破」と勢いのある『ウルトラバイヤー』。買取品目が多岐にわたっているので、古銭のみを売却するというよりも様々な品をまとめて売りたいという利用者が多いのかもしれません。

「ほかでは買い取ってもらえなかった」「この古銭はあまり高値で売れそうにない」といった方でも、しっかり買い取ってくれる可能性が高い業者です。

5位:おたからや

おたからや

おたからや
買取品目 古銭、勲章、切手、着物、ダイヤ・宝石、貴金属、
ブランド品、カメラ、絵画、ブランド食器、楽器など
対応地域 全国対応
(北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄)
費用 無料
買取方法 店舗/出張/宅配
営業時間 要確認
支払い方法 店舗・出張買取:即現金可
郵送買取:振り込み
特徴 コロッケさんでお馴染みの『おたからや』。買取実績40年という歴史を持つ総合買取店。
買取専門店出店数が国内トップクラスであり、2020年現在でも店舗展開が継続中。
地域をとわず、持ち込みを考えているという方にもおすすめです。

業界最大級の買取品目、買取専門店の全国出店数No.1を誇る『おたからや』。買取業者のなかでも身近に感じやすいタイプのお店といえるでしょう。

近年、古銭買取の利用方法は出張や宅配が主流となりつつありますが、店に立ち寄って売却することを希望している方は『おたからや』が近場にある可能性が高いので、アクセスがとても便利です。

まとめ

この記事では古銭・昔の硬貨の捨て方についてご紹介しました。古銭は単にゴミとして捨てることは可能で、硬貨だと「資源ごみ」として扱うのが一般的です。ただし自治体によって捨て方が異なるのでどういうルールになっているかを調べましょう。

大量に古銭があって一般のゴミとして捨てられない場合には不要品・廃品の回収業者に依頼する方法があります。この場合、費用が発生しますし、古銭の引き取りができるかどうかを相談することも必要です。

そのほか寄付・寄贈、換金といった処分の仕方もありますが、まずは古銭買取業者に査定してもらうのがおすすめです。査定料は無料ですし、自宅にいるだけでも手続きが行えるので、不要品・廃品の回収業者に頼むよりもメリットが多いといえるでしょう。