古銭の種類

【全7種類】古銭『長崎貿易銭』の価値は?買取価格&平均相場まとめ

(画像:https://ja.wikipedia.org/wiki/長崎貿易銭)

古銭の中には、中国の宋で使われていた銅貨と同じものが存在します。それが長崎での貿易のために作られた長崎貿易銭です。

長崎貿易銭は宋銭を元に作られたいわば模造品です厳密にいえば正式な通貨というわけではありませんが、実際に東アジアでは広く流通しています。

ここでは、全部で7種類ある長崎貿易銭について、その特徴と現在の買取価格についてまとめています。広く流通した古銭でもあるため、持っている人もいるかと思います。そのため、まずはどのような古銭であるのかチェックしてみましょう。

【全7種類】古銭『長崎貿易銭』の買取価格・価値・平均相場一覧

長崎での貿易のために鋳造された長崎貿易銭は全部で7種類あります。すべて宋銭をモデルに作った銅貨ですが、それぞれに特徴があります。ここでは、鋳造された7種類の長崎貿易銭の特徴と買取価格についてまとめています。

【全7種類】古銭『長崎貿易銭』の買取価格・価値・平均相場一覧

①【元豊通宝】鑑定価値と買取相場価格

紹聖元寳 時代 江戸時代/1659年
価値 D
相場 100円~1,000円
素材
画像出典 wiki「長崎貿易銭」
(※上記はあくまで実績です。実際の買取金額を保証するものではありません。)

長崎貿易銭は全部で7種類ありますが、その中で最も多く鋳造され市場にも多く出回っているのが元豊通宝です。北宋時代に作られたオリジナルの元豊通宝を模して作られ、オリジナルと同じように隷書体、行書体、篆書体の3種類の書体のものがあります。

ほとんどの元豊通宝は数百円程度の買取相場となりますが、行書体の物は1,000円以上の価値があります。また、母銭だと1万円以上で買取されることもあります。

②【天聖元寳】鑑定価値と買取相場価格

天聖元寳 時代 江戸時代/1659年
価値 C
相場 1,000円~2,000円
素材
画像出典 wiki「長崎貿易銭」
(※上記はあくまで実績です。実際の買取金額を保証するものではありません。)

天聖元寳はあまり市場には出回っておらず、他の長崎貿易銭と比べて希少価値が高くなっています。また、宋銭をモデルに作られており、デザインがほぼ同じで見極めは特に難しいといわれています。

天聖元寳は市場に出回らないということもあり、1,000円以上の価格で取引されています。さらに、母銭となればそれ以上の価値があるといわれ、特に未使用品だと7万円近い額で取引された実績もあります。

③【祥符元寳】鑑定価値と買取相場価格

祥符元寳 時代 江戸時代/1659年
価値 C
相場 1,000円~2,000円
素材
画像出典 wiki「長崎貿易銭」
(※上記はあくまで実績です。実際の買取金額を保証するものではありません。)

祥符元寳は宋で流通したものと同じデザインで作られた長崎貿易銭です。大量に鋳造された元豊通宝と違って、市場にあまり出回っておらず、長崎貿易銭の中でも特に価値が高くなっている古銭です。

祥符元寳は市場に出回っていないこともあり、通用銭でも1,000円以上の価値があります。また母銭ならさらに高額で取引されますし、未使用品の状態の良いものであれば、4万円から7万円で取引されています。

④【嘉祐通寳】鑑定価値と買取相場価格

嘉祐通寳 時代 江戸時代/1659年
価値 C
相場 1,000~2,000円
素材
画像出典 wiki「長崎貿易銭」
(※上記はあくまで実績です。実際の買取金額を保証するものではありません。)

嘉祐通寳は7種類ある長崎貿易銭の1つであり、宋で作られていたオリジナルと見た目はそっくりです。ただオリジナルはサイズが23.5mmから25.5mmと差があります。また、嘉祐通寳の文字はすべて楷書体で作られているのが特徴です。

嘉祐通寳はそれほど希少価値が高い長崎貿易銭ではありませんが、それでも通用銭で1,000円以上で買取されています。もしも母銭であれば、数万円で取引されることもあります。

⑤【熈寧元寳】鑑定価値と買取相場価格格

熈寧元寳 時代 江戸時代/1659年
価値 C
相場 1,000~2,000円
素材
画像出典 wiki「長崎貿易銭」
(※上記はあくまで実績です。実際の買取金額を保証するものではありません。)

熈寧元寳(きねいげんぽう)は7種類ある長崎貿易銭の中で最も数が少なく希少価値が高いといわれています。宋で作られたオリジナルは楷書体と篆書体がありますが、長崎貿易銭はすべて篆書体といわれているので楷書体ならオリジナルということになります。

熈寧元寳は市場に出回っている数が少ないので、並品の通用銭でも1,000円から2,000円ほどで買取してもらえます。もし未使用品であれば数万円の価値があるでしょう。

⑥【紹聖元寳】鑑定価値と買取相場価格

紹聖元寳 時代 江戸時代/1659年
価値 C
相場 1,000円~2,000円
素材
画像出典 wiki「長崎貿易銭」
(※上記はあくまで実績です。実際の買取金額を保証するものではありません。)

紹聖元寳は北宋で作られていたオリジナルを元に作られた長崎貿易銭です。見た目はそっくりですが、オリジナルは行書体と篆書体の2種類ありますが、長崎貿易銭は篆書体のみとなります。またサイズも長崎貿易銭の方が大きく彫りも浅いという特徴があります。

紹聖元寳は市場にあまり出回っていないため、通用銭でも1,000円から2,000円ほどの価値があります。特に美品であれば、3万円から7万円ほどで取引されています。

⑦【治平元寳】鑑定価値と買取相場価格

治平元寳 時代 江戸時代/1659年
価値 B
相場 5,000円前後
素材
画像出典 電脳古銭譜「治平元宝」
(※上記はあくまで実績です。実際の買取金額を保証するものではありません。)

治平元寳は7種類ある長崎貿易銭の1つで、熈寧元寳同様、現存する枚数が最も少ないといわれています。宋銭をモデルに見た目がそっくりに作られていますが、材料の割合や鋳造方法なども違うため長崎貿易銭は赤みを帯びるという特徴があります。

治平元寳は市場に出回る枚数が少ないこともあり、長崎貿易銭の中で最も買取相場が高くなっています。通用銭でも5,000円前後で買取されますし、母銭なら1万円から2万円ほどで買取されます。

【基礎知識】長崎貿易銭とはどのような目的で使用されたのか?

勉強をしている人

長崎貿易銭とはその名の通り長崎での貿易のために鋳造された銭貨です。鎖国をしていた当時の日本では長崎でのみ貿易が行われており、銭貨の需要が非常に高まりました。そのため長崎奉行は貿易取引専用の銭貨の鋳造を幕府に上申したのです。

ただ、当時日本では銭貨を統一する目的を達成するため、当時流通していた寛永通宝の輸出を禁止していました。そのため、寛永通宝の銭銘を用いないことを条件に許可され、そこで宋銭の銭銘をもちいた銅銭である長崎貿易銭が出来上がったのです。

ただ長崎貿易に使ったといっても、日本がオランダに売った銅製品であり、実際はオランダが中国との貿易に使った銭貨となっています。

ポイント
宋銭の模造品ではありますが、当時は地金貨幣だったため偽造貨幣ではありません。

古銭『長崎貿易銭』を平均相場より高く買取してもらうコツ

重要

長崎貿易銭は宋銭をモデルにして、見た目がそっくりに作られた銭貨です。そのため、描かれておる紋様も同じで、厳密にいえばオリジナルの宋銭と長崎貿易銭が存在します。厳密に言えば鋳造された年代も鋳造された場所も、素材の割合も異なるため違いはあります。

とはいえ、見た目ではそっくりのため、場合によっては長崎貿易銭が安く買いたたかれてしまうこともあります。そうならないためには、やはり長崎貿易銭についての知識が豊富にあり、しっかりとオリジナルの宋銭との見極めができる古銭買取専門店に依頼することです。

長崎貿易銭は宋銭の模造品ではあるものの、歴史的価値があり種類や状態によっては数万円で取引されることもあります。

注意点

偽造品であるといった誤った情報に流されないようにしましょう。

長崎貿易銭を適正価格で売却するなら『バイセル』

バイセル

長崎貿易銭の高価買い取りをして欲しいなら、バイセルがオススメです。バイセルは古銭買取専門業者なので適正価格で買い取ってくれます。高価なコインの価値を見逃して安値を付けることがありません。

しかも様々な買取方法をしてくれます。

  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

出張買取や宅配買取サービスは無料ですし、査定料や手数料も無料です。査定依頼をしてから即日対応をしてくれます。買取の際は現金で即払いをしてくれますから、現金がすぐに欲しいときには助かります。

査定後に他の業者と価格を比べて、少しでも高ければそれ以上の価格を提示してくれることもあります。実績が豊富で信頼できる業者なので、初めての方にはオススメです。

まとめ

(画像:https://ja.wikipedia.org/wiki/長崎貿易銭)
(画像:https://ja.wikipedia.org/wiki/長崎貿易銭)

このように長崎貿易銭は歴史的に見ても価値のある古銭です。東南アジアに広く流通した銭貨であるため、現存するものも多く、古銭の中ではそれほど高価なものではありません。それでも状態によっては1枚で数万円の価値があるものもあります。

もちろん自宅で大切に保管しておくのもいいですが、もし保管方法がわからない、特に興味がないというのであれば、高く買取してくれる古銭買取専門店に査定してもらいましょう。もしかすると、思いがけない高額になるかもしれません。