切手の種類

万国郵便連合加盟50年記念切手の価値と買取相場について紹介します

万国郵便連合加盟50年記念切手

万国郵便連合加盟50年記念切手は1927年6月に発行された記念切手です。日本が郵便連合加盟にして50年を経ったのを記念にして発行されました。

額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭の全部で4種類あり、図柄は1.5銭と3銭には前島密が6銭と10銭には世界地図と鳩が描かれています。

万国郵便連合加盟50年記念切手の額面それぞれの価値や買取相場について紹介します。お持ちの方は是非参考にしてください。

万国郵便連合加盟50年記念切手の価値と価格、買取相場

万国郵便連合加盟50年記念切手
(画像出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h362249055)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品)
1.5銭 150円~200円 250円~400円
3銭 150円~200円 250円~400円
6銭 3,000円~5,000円 6,000円~1万円
10銭 4,000円~6,500円 7,000円〜1万2千円

万国郵便連合加盟50年記念切手は全部で4種類あり、1.5銭と3銭は共に150円前後の価値があります。状態が良ければ、250円〜400円くらいの価値がつきます。

1.5銭と3銭に比べて、6銭と10銭は3,000円~6,000円とかなりの高額な買取相場になっています。さらに状態が良い1万円以上する価値がつくこともあります。

1.5銭と3銭も額面の以上の価値がありますが、6銭と10銭がこれほど高い価値があるかと言いますと、発行部数が非常に少なく、希少価値が高いからです。

1.5銭と3銭は250万枚以上の切手が発行されていますが、6銭と10銭は共に約10万枚程度と少なく、発行されてからかなりの年数が経過しているのもあり、残存数が少なく価値が高いです。

万国郵便連合加盟50年記念切手を高く売るなら買取実績が豊富な買取店に複数見積もりをとることです。買取査定店に査定ポイントが違いますから、6銭と10銭は数千円で価格が変わってきます。

オススメの切手買取業者はバイセルです。全国展開しており、無料で査定をしています。さらに記念切手の買取実績も豊富ですので、切手買取店に詳しくないのであればバイセルに依頼すると良いでしょう。

注意点

切手は紙で出来ていますからちゃんとした保管をしていないとすぐに日焼けしたり傷んだりします。すると価値が下がって6銭や10銭でも1,000円程度まで下がってしまうことも良くあります。

そのため、保管は切手の専用シートを用意して丁寧な保管をするようにしてください。

万国郵便連合加盟50年記念切手について

発行年 額面 切手の種類
1927年 1.5銭、3銭、6銭、10銭 記念切手

万国郵便連合加盟50年記念切手は1927年の6月に発行されました。額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭の4種類があります。図柄は額面1.5銭と3銭には「前島密」が、額面6銭と10銭は「世界地図と鳩」が描かれています。

万国郵便連合加盟50年記念切手は万国郵便連合加盟に加盟して50年経過したことを記念に発行されました。日本は1877年に加盟し23ヵ国目のアジア初の加盟国となりました。

1.5銭と3銭に描かれている前島密(まえじま ひそか)は日本の郵便制度の創設者の1人で「郵便の父」とも呼ばれています。郵便創始80年記念切手や様々な記念切手の図柄にも描かれています。

万国郵便連合加盟50年記念切手を買取ができる方法3つ

切手を売る方法3つ紹介

万国郵便連合加盟50年記念切手を売る方法を3つ紹介します。持っている額面や状態によっては売るポイントが違ってきますので、それぞれお持ちの切手で考えると良いでしょう。

切手買取専門店に持ち込み査定し買取してもらう

買取専門店に万国郵便連合加盟50年記念切手を持ち込んで査定をしてもらう方法です。切手買取専門店で依頼することでより相場より高額で買い取ってもらえるでしょう。

一般的な中古買取ショップや金券ショップでも買取をしてくれると思いますが、6銭や10銭だと相場より数千安い値段で引き取られてしまう可能性が高いです。しかし、切手買取の専門店はあまりないでしょう。住んでる場所によってはわざわざ都心に移動する必要があります。

1.5銭や3銭のバラの場合だと交通費や時間がかかって逆に損する場合もあります。

切手買取店に依頼する際の注意点

切手買取業者があったとしても事前にお店の評判や情報を調べましょう。専門業者でも買取業者の中には悪質な業者がいます。査定料は無料といっておきながら、売らないと分かると高額な高額な査定料を請求してきたり、偽物だといって額面程度の金額で買い取ろうとする業者がいます。

へんなトラブルに遭遇しないためにも事前に調べておきましょう。

ネットオークションやフリマアプリで出品する

オークションサイトやフリマアプリを利用することで近くに買取店がなくても、家から売れるのが特徴です。ヤフオクやメルカリといった有名サービスを使うことですぐに買い手を見つけられるでしょう。

しかしオークションサイトやフリマアプリで万国郵便連合加盟50年記念切手を狙っているのは転売屋が多いです。そのため適切な査定ではなく、安い額でしか売れません。6銭や10銭だと勿体ないので使うべきではないでしょう。

1.5銭や3銭でも複数持っているのであれば、買取査定店なら高く買い取ってもらえる可能性が高いので、出来れば買取業者に依頼すべきでしょう。

ポイント

ネットオークションサイトやフリマアプリによっては手数料や使用料が発生する場合があります。そのため実際に売れた額からの何%かが手数料になることがありますので事前にチェックしておきましょう。

6銭や10銭だと当たり前ですが、手数料が大きくかかるので損します。

ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

周辺に買取業者がなくても家にいながら切手買取店に依頼する方法です。サービスをしている買取店の公式サイトから査定を依頼できるサービスがあります。いくつか業者もありますが、その中でもおすすめが「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。

この3つのサービスの主な特徴は

  • 無料で査定依頼ができる
  • 全国展開しており、地方でも出張査定を依頼できる(無料)
  • キャンセル料も無料
  • 業界屈指の査定力で適性な査定をしてもらえる

といった特徴があります。切手買取業者に詳しくなく、住んでいる近くに買取店がないのであれば、この3つに依頼すると良いでしょう。もちろん優良な買取業者なので、悪質なサービスはありませんので安心してください。

万国郵便連合加盟50年記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

先ほどの業者3つの中でも万国郵便連合加盟50年記念切手を買取を依頼するならバイセルが1番良いでしょう。バイセルの一番の特徴は高額査定の実績と24時間対応で、査定したその日から買取までの現金化の速さです。(*時間帯や地域によります)

会社も1部上場企業で、お客様満足度も高いです。切手以外のブランド品や切手なども買取をしていますから、一緒に査定を依頼することでさらに高額で売ることができるでしょう。

バイセルで査定を依頼するならこちら

切手の状態が悪いなら福ちゃんもおすすめ

福ちゃんの公式サイト
(画像出典:https://www.fuku-chan.info/kitte/)

福ちゃんは他店で断れたようなコンディションの悪い切手でも買い取ってもらえる可能性が高いです。自分の判断で捨てるのではなく、一度状態ひどいなら福ちゃんに査定を依頼してみると良いでしょう。