切手の種類

電燈75年記念切手を買取してもらうといくら?買取相場について

電燈75年記念切手

電燈75年記念(でんとう75ねんきねん)切手は、1953年に発行された記念切手です。額面は10円のみの1種類で、図柄には「アーク灯」という当時実際に使われていたフランス製の電球が描かれています。

電燈75年記念切手は1878年に中央電信局の開局式が行われてから国内で初めて電灯が灯った年から75年を経過を記念して発売されました。

電燈75年記念切手を買取してもらうといくらになるのか?買取相場はどのくらい?なのかなどを紹介しますので、お待ちの方は是非参考にしてください。

電燈75年記念切手の価値と価格、買取相場

電燈75年記念切手
(画像出典:https://aucfan.com/search1/q-~c5c5c5f53735c7afb5adc7b0c0dabcea/s-ya/)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品) シート
10円 100円~200円 200円〜450円 3,000円~6,000円

電燈75年記念切手の額面は10円の1枚のみで、使用したバラ1枚の買取相場は100円〜200円で取引されています。状態がよく、新品に近ければ買取相場は450円まで上がります。

20枚の綴りのシート1枚だと3,000円〜6,000円で取引されています。シートの場合1枚でも切り離してしまいますと、シートとしての価値がなくなりますので、切り離さないように注意してください。

電燈75年記念切手の発行部数は300万枚と希少価値はそこまで高くはありません。ただ、シートは残存数が少ないのでバラより価値は高くなっています。

切手は紙で出来ておりますので、コンディションを保つのが難しいです。日焼けや汚れにすごく弱いので、すぐに痛んでしまいます。痛んでしまうと買取相場価格に大きく影響が出ますので管理に注意しましょう。

管理するには切手専用のシートを使いましょう。管理が面倒であれば査定に出してみるのも良いでしょう。おすすめの買取業者は「バイセル」です。バイセルは高額の買取実績が豊富です。

さらに査定料は一切無料です。今は売る気はないけど、価値が知りたいという人にもおすすめの業者です。もちろん全国展開していますので、誰でも利用出来ます。

価値が低いバラを高く売るには

バラ1枚の価値は数百円しかありませんが、少しでも高く売るなら他の切手などと一緒に複数枚で査定を依頼することです。複数枚だと高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

査定を依頼するお店も一般的な中古ショップではなく、切手買取店に依頼しましょう。相場以上で査定をしてもらえます。

もし、切手が複数枚持っていない、近くに切手買取店がないのであれば、「着物」「古銭」「ブランド品」といったものと一緒にバイセルに査定を依頼してみましょう。

バイセルは切手以外にもたくさんの品の買取をしていますのでおすすめです。

電燈75年記念切手について

発行年 額面 切手の種類
1953年 10円 記念切手

電燈75年記念切手は、1953年に発行され、額面は10円のみの1種類です。図柄には「アーク灯」というフランス製の電球が描かれています。

図柄に描かれている「アーク灯」は1808年に電灯として最初に使用されたフランス製の電灯です。ただし、電灯としての寿命が短く100時間にも満たなかったため、さらにかなりの電力を消費することもあり、後に普及した「エジソン電球」の登場によって見かけなくなっていきました。

電燈75年記念切手は1878年に中央電信局の開局式が行われてから国内で初めて電灯が灯った年から75年を経過を記念して発行されました。

3.25日に開局式は今の東大工学部のホールで開かれました。このことを記念に3.25日は電気の日または電気記念日と言われています。

電燈75年記念切手を買取ができる方法3つ

切手を売る方法3つ紹介

電燈75年記念切手を売る方法を3つ紹介します。

1.買取専門店に持ち込んで査定し買取してもらう

買取専門店に来店しその場で査定をしてもらう方法です。切手専門の買取店の場合だと相場の値段で買い取ってもらえる可能性が高いです。しかもコンディションが悪くても買い取ってもらえる可能性が高いです。

金券ショップやリサイクルショップのような買取店だと相場より安い額でしか売れない場合がほとんどです。ただし、電燈75年記念切手は価値はそこまで高くないので大きく損するということもないでしょう。

切手買取の専門店は住んでいる地域によってはあまりありません。場所によっては都心まで出ないといけないでしょう。そのため、売ろうと思ったら手間と交通費がかかり、逆に損してしまうデメリットがあります。

悪徳業者に騙されないように事前に調べよう

切手買取業者に依頼するのにもう一つデメリットをあげるなら中には悪徳業者がいます。このような悪徳業者は主な対応は

  • 「査定が終わった日の以降にしつこい買取の営業電話をしてくる」
  • 「偽物だと言い額面の金額で買い取ろうとしてくる」
  • 「査定は無料と言いながら、売らないと分かった途端に査定料を請求してくる」

1例ですがこのような対応をします。悪い買取店とのトラブルに合わないためにも、事前に業者をよく調べましょう。ネットやsns等を使って利用者の口コミなどのコメントや評価がないか探しましょう。情報が見つからなければさけた方が良いかもしれません。

2.ネットオークションやフリマアプリで出品する

買取専門店とは違い、周辺にお店があってもなくてもオークションサイトやフリマアプリを使えば外に出る必要もなくかんたんに出品できます。さらに人気のサービスを使えばすぐに相手も見つかります。おすすめのサービスは「メルカリ」や「ヤフーオークション」です。初心者はメルカリかヤフーオークションを利用するのが良いでしょう。

しかし、デメリットは相場より以上の値段で売るのは期待できないことです。なぜならネットオークションやフリマアプリで電燈75年記念切手を買いたがっているのはコレクターや業者ではなく、転売屋だからです。業者やコレクターはほぼいないでしょう。

ただし、電燈75年記念切手であれば、そこまで価値が高くもないので早く売りたい人には良いと思います。

3.ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

切手買取店に査定をするのが一番高く売れると伝えてきましたが、お店に直接持っていかなくてもネットから切手買取専門店に査定を依頼できるサービスがあります。

  • 「査定にかかる費用は無料」
  • 「日本ならどこでも利用可能」
  • 「プロが査定してくれるので査定額が高く、依頼者も満足」
  • 「切手以外にも着物、古銭、時計なども幅広く買取」

いくつかの買取店がネットからの申し込めるサービスをしていますが、おすすめの業者は「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。どの業者も全国に店舗がありますし、買取業者に詳しくない初めての人はこの3つから選ぶと良いでしょう。

また、この3つの業者は「出張」「持込」「宅配」と査定方法を選ぶことが出来ます。都合に合わせた査定が依頼できるので忙しい人にも手軽に依頼できるのがメリットです。また、バイセルと買取プレミアムは受付時間が24時間といつでも依頼できます。

公式のサイトには電話番号があります。不安な点がある人は電話でまずは相談をすると良いです。査定が初めての方に優しいサービスで人気があります。

しかし、査定を依頼する人が増えており、査定を希望したい日が埋まっている場合もありますので、前もって申し込みましょう。

電燈75年記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

電燈75年記念切手を1円でも高く売りたいならバイセルに依頼しましょう。査定額が他社よりとても高く実績が豊富です。

他にもバイセルのおすすめポイントは依頼したその日中に最短で現金化までできます。(※時間帯や地域によります。)運営会社も1部上場しており、お客様満足度も高いのが特徴です。