切手の種類

放送25年周年記念切手の買取相場と高い値段で買い取ってもらうコツ

放送25年周年記念切手

放送25年周年記念切手は1950年の3月22日に発行された記念切手です。額面は8円のみの1種類だけです。図柄には「マイクとコールサイン」が描かれています。

放送25年周年記念切手は1925年に日本で初めてラジオ放送が開始されてから25周年を記念にして発行されました。

発行されておよそ70年経過しようとしている放送25年周年記念切手の現在の相場の価値や高く売れる方法について紹介します。

放送25年周年記念切手の価値と価格、買取相場

放送25年周年記念切手
(画像出典:https://item.mercari.com/jp/m55077586112/)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品) シート
8円 100円〜600円 800円〜2,000円 3,000円〜4,500円

放送25年周年記念切手は額面1種類のみの8円です。その8円の買取相場価格は100円〜600円で取引をされています。状態が良いと800円から2,000円まで上がります。

20枚のシートだと価値がさらに上がり3000円から4,500円で取引されています。シートをお持ちの方は必ず切り離すことはしないように注意してください。

放送25年周年記念切手はシートなら高額ですが、バラだと状態にもよりますが1,000円前後程度の価値があります。より高額で売るなら買取業者に相見積もりをとることが良いでしょう。

高額買取の実績がある業者

買取業者に詳しくないのであれば「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」がオススメです。この3つ業者は放送25年周年記念切手の買取実績が豊富で高額査定に期待が出来ます。

また、査定料も無料なので買取価格が知りたいだけの場合でも一度査定を依頼するのも良いでしょう。どの業者も全国展開していますので、誰でも依頼できるのもメリットです。

また、3つの業者とも切手以外にも着物や古銭なども買取をしています。放送25年周年記念切手のバラでも着物や古銭などと一緒に買取査定に出すことでさらに買取価格がアップします。

シートをお持ちであれば相見積もりをとることが一番高く売れる可能性が高いので、紹介した3つの業者に依頼して手軽に相見積もりをとることが出来ます。

切手の取り扱いに注意しないと価値が下がる

切手の材質は紙で出来ております。そのためシミや日焼けに滅法弱く、すぐにコンディションを落とし価値が下がってしまいます。切手の価値を大きく左右するのはコンディションです。状態が悪いと放送25年周年記念切手のバラなら100円程度まで下がるでしょう。

そのため放送25年周年記念切手のような額面以上のある切手は丁寧な管理が必要です。切手専用のシートがありますので、そちらを購入して保管すると良いでしょう。

もし、管理が面倒であれば、いっそのこと買取に出すのも良いでしょう。

放送25年周年記念切手について

発行年 額面 切手の種類
1950年 8円 記念切手

放送25年周年記念切手は1950年の3月22日に発行された記念切手になります。額面は8円だけで図柄にはマイクとコールサインが描かれています。

放送25年周年記念切手は1925年に日本で初めてラジオ放送が開始されてから25周年を記念して発行されました。

1925年の当時ハガキは2円、封書が8円だったことから放送25年周年記念切手は封書用として発行されたことがわかります。

初めてのラジオ放送は東京高等工芸学校内でスタジオを組んで東京の放送局から放送されました。当時の放送局はその後、名前を変更し今のNHKになっています。

放送25年周年記念切手を買取ができる方法3つ

切手を買取ができる方法3つ

放送25年周年記念切手を売る方法を3つ紹介します。オススメは3つ目のネットから買取業者に査定を依頼する方法です。

1.切手買取専門店に持ち込み査定し買取してもらう

切手買取専門店に放送25年周年記念切手を切手専門買取店持ち込んで査定をしてもらう方法です。金券ショップやリサイクルショップでも放送25年周年記念切手なら買取はしてもらえますが、プロが査定する可能性が低く、相場より以上の買取額になる可能性が低いです。

シートでお持ちなら切手専門店1店だけでなく、複数の切手買取店に依頼するべきです。専門店でも査定ポイントが違いますので、シートの場合は査定額が変わってきます。そのため、手間ですが複数の買取業者に依頼するのがベストです。

しかし、切手買取の専門店は沢山ありません。住んでる場所によっては最悪なく、都心まで出かける必要が出てきます。切手買取専門店に持ち込む方法のメリットは高額で売れる可能性が高いですが、デメリットは交通費と時間がかかるということです。

切手買取業者の中には悪徳業者もいるので注意

切手専門店に持ち込む方法でもう一つデメリットがあります。それは切手買取業者の中には悪徳な業者がいるということです。悪徳業者は

  • 査定した後日電話でしつこい営業をする
  • ニセモノだと嘘をついて額面以下の値段で買い取ろうとする
  • 出張しては他の品を買い取ろうとする

などを行う業者がいます。家の近くに切手買取専門店を見つけたからといってすぐに持ち込んではいけません。買取店を見つけたらまずは事前にお店の調べましょう。できれば買取業者の公式サイトだけでなく、口コミ情報も調べるようにしましょう。

情報が少ないのであれば、その店舗は出来るだけ避けた方が良いです。

2.ネットオークションやフリマアプリで出品する

オークションサイトやフリマアプリだと逆に家の近くに査定ショップがなくても簡単に売ることができます。さらにメルカリやヤフーオークションといった知名度が高いサービスを使うことで多くの買い手をすぐに見つけることが出来ます。

しかしオークションサイトやフリマアプリで記念切手を出品しても購入するのは査定のプロではありませんので、適切で相場以上での買取は難しいです。どちらかといえば転売目的のユーザーが多いので、相場以下の買取価格になりやすいです。

放送25年周年記念切手の状態が悪いバラしか持ってなく、切手買取店に持ち込む予定もなく、さらに日頃からオークションサイトやフリマアプリを利用しているのであれば利用しても良いでしょう。

ポイント

ヤフーオークションやメルカリを使って取引をすると手数料が発生します。そのため、取引された金額をそのままもらえるという訳ではありませんので、注意してください。

3.ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

住んでいる近くに買取店がなくても買取専門店に依頼したい、切手のプロに査定をしてもらいたいという人におすすめなのが切手買取専門店に依頼できるサービスです。このサービスの特徴は「全国どこでも査定できる」「査定料も手数料もキャンセル料も無料」「女性査定員に査定を依頼することができる(状況による)」といった特徴があります。

いくつか業者もありますが、その中でもおすすめが「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。どこもサポートが充実していますので、初めて方でも安心して利用出来ます。

放送25年周年記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

放送25年周年記念切手を買取を依頼するならバイセルが1番おすすめです。まず、買取査定額が他社より圧倒的に高いです。全国展開もしていますし、地元付近の買取業者に詳しくないのであればバイセルに依頼しましょう。

ただし、月間利用者が2万件を超えて非常に人気の業者でもあり、土日祝は予定が取りにくい状況でもあります。公式サイトに電話番号もありますので、まずは電話で相談してみると良いでしょう。