切手の種類

日露戦争凱旋観兵式記念切手の相場や高い値段で買取する業者を紹介

日露戦争凱旋観兵式記念切手

日露戦争凱旋観兵式記念切手は1906年の4月に記念切手として発行されました。額面は1.5銭と3銭の2種類のみです。図柄は額面どちらも戦争中の陸軍の兵器が描かれています。

色は1.5銭が青色、3銭が赤色です。日露戦争で日本が勝利し、そしてその後に明治三十七八年戦役陸軍凱旋観兵式が開かれたのをきっかけに発行されました。

日露戦争凱旋観兵式記念切手の額面1.5銭と3銭それぞれの買取価格の相場や高い値段で買取をしてくれる業者を紹介します。

日露戦争凱旋観兵式記念切手の価値と価格、買取相場

日露戦争凱旋観兵式記念切手
(画像出典:https://aucfan.com/intro/q-~c6fccfaac0efc1e8b3aec0fbb4d1cabcbcb0b5adc7b0/)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品)
1.5銭 1,000円~1,500円 3,000円~4,000円
3銭 2,500円~4,500円 5,000円~9,400円

日露戦争凱旋観兵式記念切手の額面1.5銭は使用済みのバラで1,000円から~1,500円で取引されており、状態が新品に近ければ近いほど4,000円の買取額までアップします。3銭は2,500円から4,500円で取引されており、状態が良ければ良いほど9,400円まで高くなります。

日露戦争凱旋観兵式記念切手は額面どちらも古く、発行部数が少なくて希少価値の高い切手です。3銭の方が1.5銭よりも数倍の価値がある理由ですが、1.5銭は約290万部発行されたのに対して3銭は約110万部と半分以下しか発行されていない為、それに伴った買取相場価格といえます。

切手をより高額で売るには?

日露戦争凱旋観兵式記念切手は高い価値があります。買取査定店によっては査定するポイントが違いますので、複数の買取査定ショップで依頼することが高額で売ることが出来ます。

買取専門店でも切手の専門店に依頼するようにしましょう。通常の買取店だと切手査定のプロが査定しないので相場以上の値段で買い取ってくれる可能性は低いです。

また、他の額面以上の切手と合わせて売ることでより高く値段をつけてくれるでしょう。ベストは1.5銭と3銭両方持っていれば相場以上の高い額を提示してもらえます。

買取専門店に詳しくないのであれば、「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」がオススメです。どの買取業者も日露戦争凱旋観兵式記念切手の買取実績が豊富で査定料も無料なので、相見積もりを依頼するのにぴったりです。

切手の取り扱いには注意を

切手は紙で出来ていますので、汚れやシミに弱くコンディションを保つのが難しいです。切手の価値はコンディションに大きく左右されます。日露戦争凱旋観兵式記念切手のような高額な切手でもシミや日焼けが酷いと最悪買い取ってもらえなくなります。

切手の管理には丁寧に扱いましょう。管理には切手専用のシートを買って保管をおすすめします。そこまでして管理をしたくないのであれば、いっそ買取査定に出すのも一つの手です。

日露戦争凱旋観兵式記念切手について

発行年 額面 切手の種類
1906年 1.5銭、3銭 記念切手

日露戦争凱旋観兵式記念切手は1906年の4月に記念切手として発行され、額面は1.5銭と3銭の2種類があります。図柄は額面どちらも陸軍の兵器が描かれています。

日露戦争凱旋観兵式記念切手は別名、「明治三十七八年戦役陸軍凱旋観兵式」とも呼ばれており、切手の他にも絵葉書や写真などがあります。さらに、日本の国号表記がありません。この表記がないのは「日露戦争凱旋観兵式記念切手」「日韓通信合同記念切手」だけです。(*20世紀に発行された切手のみ)

発行された部数も少なく、日本国内で発行された切手の中で初めて専用の記念印が押されておりレアな切手でバラでも非常に価値がある切手で今なおコレクター間で人気です。

日露戦争凱旋観兵式記念切手を買取ができる方法3つ

切手を買取ができる方法

日露戦争凱旋観兵式記念切手を売る方法を3つ紹介します。高額な切手なので、損しない高く売れる方法を選びましょう。おすすめは3つ目の「ネットから買取査定を依頼するサービス」です。

1.切手買取専門店に持ち込んで査定し買取してもらう

切手買取専門店に来店しその場で査定をしてもらう方法です。相場と高く売る方法で紹介もしました通り専門店なので相場価格の値段で売れる可能性が高いです。状態が悪くても買い取ってもらいやすくまずまずの値段をつけてもらいやすいです。

日露戦争凱旋観兵式記念切手は高額の切手なので、金券ショップや中古リサイクルショップに持ち込んでしまうと相場以下の金額でしか買取をしてもらえないでしょう。大きく損する可能性が高いので、切手専門店に持ち込みましょう。

しかし、切手買取の専門店は沢山ありません。住んでいる地域によっては1店舗もないでしょう。買い取ってもらえる金額が高いメリットがありますが、相見積もりをとるのが非常に手間で交通費までかかってしまうことがデメリットです。

悪徳業者に騙されないように事前に調べよう

切手買取業者に依頼するのにもう一つデメリットをあげるなら切手買取専門店の中にはの質が悪い業者もいます。悪徳業者は大体

  • 「査定後、しつこく買取の電話をかけてくる」
  • 「出張して買取をするが、他のモノまで買い取ろうとする」
  • 「売らないことがわかると掌を返したように態度が横柄になる」

といった特徴があることです。日露戦争凱旋観兵式記念切手は高額なので、偽物といって額面以下の値段で買おうとする業者は多いでしょう。こういった悪い業者に出会わない為にも、見つけたお店の業者をよく調べましょう。ネット、sns等を使って第3者の口コミ・評判情報も調べるとリアルな声が見つけれて信用出来ます。

2.ネットオークションやフリマアプリで出品する

切手買取専門店とは違い、周辺にお店がなくてもオークションサイトやフリマアプリを使えばすぐに売りに出すことが出来ます。人気のメルカリやヤフーオークションを使えば、すぐに買取相手も見つかるでしょう。

デメリットは相場より安い値段で売れない可能性が高いです。ネットオークションやフリマアプリで日露戦争凱旋観兵式記念切手のような価値の高い切手を狙っているのは転売屋です。転売屋は安く買って相場の値段で売るのが目的なので、そもそも相場の値段で買いません。

日露戦争凱旋観兵式記念切手であれば、個人相手に売るのは損しますから状態が悪くてもやめた方が良いです。

3.ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

切手買取店のデメリットやフリマアプリやネットオークションサイトのデメリットを補ったネットから切手買取専門店に査定を依頼できるサービスです。

日露戦争凱旋観兵式記念切手を相見積もりを取ったり、売るなら是非このサービスを利用した方が良いでしょう。特徴は

  • 「査定にかかる費用は一切無料」
  • 「丁寧なサービスかつ、適切な査定で利用者の満足度が高い」
  • 「切手以外にも着物、ブランド、時計など様々な買取をしている」

といった特徴があります。おすすめは業者は「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。どの業者も全国に店舗がありますので、初めての方に対してもサポートがしっかりしています。

この3つ業者なら買取方法も「出張買取」「持込買取」「宅配買取」とお客様の都合に合わせた査定方法が選べます。もちろんどの査定方法も一切無料です。

それぞれの公式のホームページには電話番号がありますし、フリーダイアルなので不安な方は電話で相談しましょう。

ただし、デメリットもあります。それは申し込む人が増えており、すぐに希望の日の予約が取れないことがあります。なるべく早く依頼するようにしましょう。

日露戦争凱旋観兵式記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

日露戦争凱旋観兵式記念切手を相見積もりをすることが高額で売れると紹介しましたが、相見積もりが面倒で一番高く買取をしている業者を教えてほしいという方におすすめはバイセルです。買取査定額が圧倒的に高く、実績が豊富です。

さらにバイセルのすごいところが24時間受付をしており、依頼したその日中に最短で現金化までできます。(*地域と時間帯によります)