切手の種類

日清戦争勝利記念切手は高い?買取相場や高額で売れる方法とは?

日清戦争勝利記念切手は1896年の8月に記念切手として発行されました。額面は2種類ありまして、2銭と5銭です。図柄には2種類のパターンがあり額面2銭、5銭それぞれ1つ目は「有栖川宮熾仁親王」と2つ目は「北白川宮能久親王」です。

1894年から1年以上続いた日清戦争に日本が勝ったことを記念として発行されました。

日清戦争勝利記念切手の額面2種類に図柄2パターンそれぞれの買取参考価格を紹介しますので、是非お持ちの方は参考にしてください。

日清戦争勝利記念切手の価値と価格、買取相場

(画像出典:https://marumatestore.com/?pid=23128804)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品) シート
有栖川宮熾仁-2銭 700円〜1,500円 2,500円〜3,500円 10万円〜35万円
北白川宮能久-2銭 700円〜1,500円 2,500円〜3,500円 10万円〜35万円
有栖川宮熾仁-5銭 1,000円〜3,500円 3,500円〜7,500円 30万円〜75万円
北白川宮能久-5銭 1,000円〜3,500円 3,500円〜7,500円 30万円〜75万円

日清戦争勝利記念切手の額面2銭は使用済みのバラ1枚は700円〜1,500円の間で買取されています。状態がよければ最大3,500円まで上がるでしょう。100枚の綴りのシートだと10万円〜35万円で取引されております。

額面5銭は使用済みのバラ1枚は1,000円〜3,500円の間で取引されています。状態が新品に近いほど良いと7,500円まで上がります。シートだと30万円から75万円で買取されています。

額面それぞれ図柄が「有栖川宮熾仁」と「北白川宮能久」の2パターンありますが、図柄のパターンによってそれぞれ価値が変わることはありません。

ポイント

シートをお持ちであれば切り離さないようにしましょう。切り離してしまうと一気に価値が下がってしまうので注意です。保存方法に気をつけましょう。

日清戦争勝利記念切手は明治天皇銀婚記念切手に続いて2番目の記念切手で、初めての肖像画が採用された切手です。記念切手は通常発売期間や枚数が限定されていますが、あまりの人気に約8ヶ月に渡って発行され続けました。

こういった経緯から発行部数が多いにも関わらず高い価値がついています。

切手の管理に注意しよう

切手は紙で出来ています。そのため汚れや日焼けに滅法弱く、すぐに痛んでしまいます。痛んでしまうと価値が落ちてしまいますので、日清戦争勝利記念切手のような切手だと数百円程度でしか買い取ってもらえなくなるでしょう。

切手の価値は状態によって大きく値段が変わってきますので、気をつけてください。

日清戦争勝利記念切手について

発行年 額面 切手の種類
1896年 2銭、5銭 記念切手

日清戦争勝利記念切手は1896年の8月に発行された記念切手で、額面は2銭と5銭があり、図柄に2パターンにあるので全部で4種類あります。図柄は額面2銭と5銭共に「有栖川宮熾仁親王」と「北白川宮能久親王」が描かれています。

通常記念切手には記念名称が入りますが、日清戦争勝利記念切手は中国に対して配慮を行った結果、記念名称が入っていないとされています。

日清戦争勝利記念切手は初めて切手に肖像画が使われました。さらに表情を精密に再現するため当時主流であった凸版印刷ではなく彫刻凹版印刷が採用されて用紙も外国製のものが使用されました。

「有栖川宮熾仁親王」と「北白川宮能久親王」の2人は日清戦争中に亡くなりました。この記念切手は勝利のためだけではなく、2人への追悼の意や皇族の功績を示す意味も込められていました。

日清戦争勝利記念切手を買取ができる方法3つ

切手を買取ができる方法3つ

日清戦争勝利記念切手を売る方法を3つ紹介します。高い価値を誇るので、切手買取の専門店に依頼するのがおすすめです。

切手買取専門店に持ち込み査定し買取してもらう

日清戦争勝利記念切手を切手買取専門のお店で査定をしてもらう方法です。切手買取の専門店なので、プロが査定してくれますから適切かつ相場価格の値段で売れる可能性が高いです。

リサイクルショップでも日清戦争勝利記念切手で買取までしてもらえると思いますが、切手買取の実績が豊富ではない人が査定する可能性があり相場の値段で売れず、むしろ相場以下で取引される確率が高く、大きく損するリスクがあります。

額面以上の価値はあり、バラでも1,000円以上切手なので、可能な限り切手買取専門店に依頼すると良いです。しかし、残念ながら切手買取の専門店は場所によっては全くなく、バラ1枚だけを売るなら逆に交通費や時間がかかって面倒です。

しかし、シートだったり、複数枚所持しているのであれば、切手専門店に依頼すべきです。買取店によっては査定ポイントが違いますので、査定額が数千円で大きく変わってきます(シートはさらに数万円)ので、1つの業者だけ依頼するとあとで後悔するかもしれません。

買取業者の中にも怪しい業者がいるので注意

切手買取専門店をみつけてもすぐに入ったり、予約してはいけません。切手買取業者にも悪質業者がおり注意が必要です。「査定が終わったら後日電話でしつこい営業をしてくる」「査定後に高額な手数料を請求してくる」「無理やり買い取ろうとしてくる」といったことをしてきます。

切手買取専門店を見つけてたら依頼する前に業者をよく調べましょう。snsを使い第3者の口コミ・評判情報も調べてリアルな声がないか探しましょう。悪徳な業者に引っかからないように気をつけてください。

ネットオークションやフリマアプリで出品する

周辺に切手を買取しているお店がなくてもオークションサイトやフリマアプリを使えば手軽に売ることができます。さらに利用者の多いのメルカリやヤフーオークションを使うとすぐに買い手が見つかります。

しかし相場以上の値段で売るには難しいです。むしろ何方かと言えば相場以下の値段しかつかない傾向があります。オークションサイトやフリマアプリで日清戦争勝利記念切手を買いたいのは転売屋です。

査定のプロやコレクターが購入する可能性は低いので、高く売りたいならやめておいて方がいいです。シートだと間違いなく損しますので、おすすめ出来ません。ちゃんとした買取専門店に査定を依頼しましょう。

周辺にお店が全くなく、日頃からネットオークションやフリマアプリを利用して高く交渉ができるのであれば、利用しても良いでしょう。

ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

家の近くに切手買取店がなくてもネットからでも切手買取専門店に依頼できるサービスが実はあります。ネットから依頼できるサービスを行っている業者の中でもおすすめなのが「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。

この3つ業者のおすすめポイントは「査定料が一切無料」「切手査定のプロが査定」「全国展開しているので、日本中どこでも依頼できる」「安心・丁寧なサービスで利用者の満足度が高く、リピーターが多い」「初心者に優しくサポートが充実している」です。

それでも不安な方はそ業者の公式のホームページは電話番号がありますから、まずは電話で相談しましょう。オペレーターの方も対応で親切です。

日清戦争勝利記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

1つだけ業者に日清戦争勝利記念切手の買取を依頼するならバイセルがおすすめです。買取査定額が高いのに加え、依頼したその日のうちに査定から買取までしてもらえて現金化がすぐに出来ます。(地域と時間帯によっては翌日以降になります)

1部上場企業が運営しておりアフターサポートも充実して安心して査定を依頼出来ます。ただし、利用者が増えていますので、自分の希望した日に予約を取るにはある程度前もってお問い合わせをしましょう。