切手の種類

赤十字条約成立75年記念切手を高い値段で売るコツや買取相場は?

日本赤十字社創立75年記念切手

赤十字条約成立75年記念切手は1939年の11月に発行された記念切手です。額面は4種類あり2銭、4銭、10銭、20銭です。図柄は額面2銭と10銭には地球と赤十字が描かれおり、額面4銭と20銭には佐野常民が描かれています。

赤十字条約成立75年記念切手は国際赤十字社が発足されてから75年経った事を記念として発行されました。

そんな4種類ある赤十字条約成立75年記念切手の買取相場を額面それぞれ紹介と高く売るコツを紹介します。

赤十字条約成立75年記念切手の価値と価格、買取相場

日本赤十字社創立75年記念切手
(画像出典:https://aucview.aucfan.com/yahoo/o372475640/)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品)
2銭 100円〜150円 200円〜300円
4銭 100円〜150円 200円〜300円
10銭 250円〜400円 500円~1,000円
20銭 250円〜400円 500円~1,000円

赤十字条約成立75年記念切手の額面の相場は2銭と4銭はバラ1枚で100円から150円の価値があります。状態が良く新品に近いと300円までで取引をされております。額面10銭と20銭は250円から400円で取引されており、こちらは状態が良いと最大1,000円で買取値段が上がります。

10銭と20銭の方が価値が高い理由ですが、2銭と4銭に比べて発行部数が少ないため、希少価値が付いて高くなっています。

赤十字条約成立75年記念切手は額面以上の価値がある切手です。管理を怠ると価値が下がってしましまいますので、丁寧に保管をしましょう。切手はシミや日焼けに弱くすぐに汚れてしまいます。

切手が相場以上で売れるかどうかは切手のコンディションで大体決まります。切手を保管するなら専用の切手シートを使うなどしましょう。管理が面倒であれば、買取査定に出すと良いでしょう。

オススメ業者はバイセル福ちゃん買取プレミアムの3つの業者です。どこも赤十字条約成立75年記念切手の買取実績が豊富で、全国展開をしておりますので、誰でも査定お願いすることが出来ます。

切手をより高く売るコツとは?

切手を相場以上の値段で売るには先ほど紹介した3社のような切手の買取実績が豊富なお店に依頼すべきです。さらに相見積もりを取ることでさらに高額で売れる査定結果が手に入ります。切手買取の専門店でもお店によっては査定ポイントが違いますので、1円でも高く売りたい場合は積極的に相見積もりを取りましょう。

他に高く売るコツは複数枚の切手で売るのが良いでしょう。そうすることで、より高く買い取ってもらえる可能性が高いです。切手を持っていない場合であれば、「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」であれば、切手以外にも着物、金貨、古銭、ブランド品なども買い取ってますからこういった品と一緒に売ると高く売れます。

赤十字条約成立75年記念切手について

発行年 額面 切手の種類
1939年 2銭、4銭、10銭、20銭 記念切手

赤十字条約成立75年記念切手は1939年の11月に発行された記念切手で、額面は2銭、4銭、10銭、20銭と全部で4種類あります。図柄は額面2銭と10銭には地球と赤十字が、4銭と20銭には佐野常民(さのつねたみ)が描かれています。

国際赤十字社が発足されてから75年経った事を記念として発行されました。額面4銭と20銭に描かせている佐野常民(さのつねたみ)は日本赤十字社の創設者であり、日本のアンリデュナンとも呼ばれています。

アンリデュナンはスイス人で赤十字の創設者です。スイス人であることから国旗の赤十字を用いられたとされています。第1回のノーベル平和賞を受賞者でもあります。そんな名声のある人の名で呼ばれる佐野常民が描かれている切手は一部コレクターでは価値が高く評価しています。

赤十字に関する切手は他にも「第15回赤十字国際会議」「日本赤十字社創立75年記念」「赤十字思想誕生150周年記念」があります。

赤十字条約成立75年記念切手を買取ができる方法3つ

切手を売る方法3つ紹介

赤十字条約成立75年記念切手を売る方法を3つ紹介します。持っている切手の額面やコンディションによって方法を選ぶと良いでしょう。

切手買取専門店に持ち込み査定し買取してもらう

赤十字条約成立75年記念切手を切手買取専門のお店で査定をしてもらう方法です。切手買取の専門店なので、プロが査定してくれますので、適切かつ相場価格の値段で売れる可能性が高いです。

金券・リサイクルショップでも赤十字条約成立75年記念切手で査定を依頼して買取までしてもらえると思いますが、切手査定のプロではない人が査定するため、適切な値段で売れず、相場以下で取引される確率が高く大きく損する場合があります。

額面以上の価値はある切手なので、できるだけ切手買取専門店に依頼すると良いでしょう。しかし、切手買取の専門店は地方になるとあまりなく、バラ1枚だと逆に交通費がかかって損する可能性があるでしょう。

買取業者の中には悪質なサービスを提供する業者もいるので注意

買取業者にも悪質なサービスを行う業者もいるので注意が必要です。「査定が終わったら後日電話で買取営業をしつこくしてくる」「査定後に高額な査定額を請求してくる」「強引な態度で無理やり買い取ろうとする」といったことを平気で行って来ます。

切手買取専門店を見つけてもすぐに依頼するのではなく、切手買取専門店を見つけてすぐに査定を依頼するのではなく、業者をよく調べるべきです。sns等を使って第3者の口コミ・評判情報も調べるようにしてリアルな声をさんこうにしつつ、悪徳な業者に引っかからないようにしましょう。

ネットオークションやフリマアプリで出品する

家の周辺に切手を買取しているお店がなくてもオークションサイトやフリマアプリを使えば手軽に売ることができます。人気サービスであるメルカリやヤフーオークションを使うとすぐに買い手が見つかるでしょう。

しかし相場以上の値段で売れるのは稀です。むしろ何方かと言えば相場以下の値段しかつかない傾向があります。オークションサイトやフリマアプリで赤十字条約成立75年記念切手を買いたいのは転売を目的にした転売屋です。

査定のプロやコレクターが購入する可能性は低いです。しかし、状態の悪いバラ1枚の赤十字条約成立75年記念切手で、家の近くに切手買取専門店がなく、とにかく早く売りたい人なら良いでしょう。

ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

家の近くに切手買取店がなくてもネットからでも切手買取専門店に依頼できるサービスがあります。こういったネットから依頼できるサービスを行っている業者の中でもおすすめなのが「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。

この3つ業者のおすすめポイントは「査定料が一切無料」「切手査定のプロがしっかり査定」「全国展開している」「安心・丁寧なサービスで利用者の満足度が高い」「初心者に優しくサポートが充実している」です。

不安な方はそれぞれの業者の公式のホームページには電話番号がありますから、まずは電話で相談しましょう。オペレーターの方も対応で親切です。

赤十字条約成立75年記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

もし、1つだけ業者に赤十字条約成立75年記念切手の買取を依頼するならバイセルです。買取査定額が高いのに加え、依頼したその日中に査定から買取までしてもらえる速さです。(地域と時間帯によっては翌日以降)

会社も1部上場企業で安心で、利用した人の満足度も高いです。ただし、利用者が増えていますので、自分の希望した日に予約を取るにはある程度前もってお問い合わせをしましょう。

バイセルの公式サイトはこちら