切手の種類

鉄道70年記念切手はいくら売れるのか?買取相場について解説

鉄道70年記念切手は1942年の10月14日に発行された記念切手です。発行された額面は5銭の1種類だけです。図柄には蒸気機関車のc59形が描かれています。

発行された当日(1942年の10月14日)におこなわれた鉄道70周年を祝う記念式典を記念に発行されました。

発行されてから70年以上経過している鉄道70年記念切手がどのくらいで売れるのか?また買取相場について解説していきます。

鉄道70年記念切手の価値と価格、買取相場

鉄道70年記念切手
(画像出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p754725190)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品)
5銭 100円〜250円 400円〜700円

鉄道70年記念切手は額面は1種類の5銭のみです。使用済みのバラ1枚の買取相場は100円〜250円で取引されています。切手のコンディションが良いと400円から700円の間まで価格がアップします。

鉄道70年記念切手は発行部数が多く希少価値が高くないうえに、額面の1種類しかないのですが、描かれている機関車が人気で切手のコレクター以外にも鉄道ファンからも人気があり、額面以上の価値があります。

高く売る方法とは?

鉄道70年記念切手の場合、数百程度の価値なのでお店によっても査定額は数百円程度になるでしょう。1円でも高く売りたいのであれば、複数の買取店に依頼しましょう。

またお店も一般的な買取店ではなく、切手を専門している買取店だとより高い査定額が提示されるでしょう。切手買取店に詳しくないのであればおすすめは「バイセル」に査定すると良いでしょう。

「バイセル」は鉄道70年記念切手をはじめ、記念切手の買取実績が豊富で高く買い取ってもらえると評判です。

さらに「バイセル」は切手以外にも着物、古銭、時計、ブランド品と様々な品の買取もしています。そのため、鉄道70年記念切手以外にも着物や古銭もお持ちであれば一緒に査定に出すことでより高く売ることが出来ます。

「バイセル」は日本各地に店舗がありますし、営業拠点があるので誰でも利用出来ます。さらに査定に関わる費用は「一切無料」です。

切手の取り扱いには注意しましょう

お分かりかと思いますが切手の材質は紙で出来ています。なので、日焼けやシミ、汚れがとても付きやすく良いコンディションを保つには丁寧な管理が必要です。鉄道70年記念切手なら最悪買い取ってもらえない可能性があります。

そうならないためにも切手の管理には注意しましょう。管理には切手専用シートを使うと良いでしょう。切手の管理が面倒であれば一度査定してみるのもいいかもしれません。

鉄道70年記念切手について

お客様に説明する女性スタッフ

発行年 額面 切手の種類
1942年 5銭 記念切手

鉄道70年記念切手は1942年の10月14日に発行され、額面は5銭の1種類だけです。図柄には蒸気機関車のc59形が描かれています。

図柄の蒸気機関車は当時の最新の機関車でありました。

1942年の10月14日におこなわれた鉄道70周年を祝う記念式典を記念に発行されました。鉄道を記念に発行された記念切手では初の切手になります。鉄道開通を記念に発行された切手は他にも「鉄道75年記念切手」があります。

鉄道を記念にして発行された切手は海外でも人気があり、切手コレクター以外にも鉄道ファンからも人気が高いです。

鉄道70年記念切手を買取ができる方法3つ

切手を買取ができる方法

鉄道70年記念切手切手を売る方法を3つ紹介します。

切手買取専門店に持ち込み査定し買取してもらう

切手買取専門店や中古ショップなどで鉄道70年記念切手切手を査定をしてもらう方法です。切手買取の専門店の場合、相場買取の価格で売れる可能性が非常に高いです。

しかし、鉄道70年記念切手の場合であれば、価値が数百円程度でありますので、金券ショップでも大きく査定額が変わるということはないでしょう。

デメリットとしては切手を買取しているお店はほとんどありません。金券ショップや中古ショップでも鉄道70年記念切手切手なら価値がそこまで変わらないので、交通費など手間を考えたら切手専門店以外のお店に売っても良いかもしれません。

【注意】買取業者の中には悪徳業者もいます

せっかく見つけた買取専門店の中には悪徳な業者がいるので注意です。こういった業者は

  • 「査定後に電話でしつこい買取営業」
  • 「見えない汚れがあるなどを言って相場より安い金額でで買い取ろうとする」
  • 「出張で依頼したら家にきて他のモノまで買い取ろうとする」

このようなトラブルに巻き込まれてない為にも見つけた専門店でもすぐに査定に持ち込まず、まずは買取業者の情報をあつめましょう。買取業者のホームページだけでなく、利用者の口コミ・評判情報をちゃんとチェックしましょう。あまり情報が見つからなければ、その店舗で査定をお願いするのはやめた方がいいかもしれません。

ネットオークションやフリマアプリで出品する

住んでいる近くに買取しているお店がなくてもオークションサイトやフリマアプリだと家にいながら買い手をみつけて切手を売ることができます。さらにメルカリやヤフーオークションといったユーザーが多いサービスであれば買い手を割と早く見つけることができます。

デメリットはオークションサイトやフリマアプリで出品しても鉄道70年記念切手切手なら相場以上で買ってもらえるのは難しいでしょう。

むしろ相場より安い値段でしかほとんど売れないです。それはネットオークションやフリマアプリで転売を目的にした転売屋だからです。安く仕入れたい転売屋が相場以上で買うのは期待できません。

査定のプロやコレクターがオークションサイトやフリマアプリで購入するのはあまりありませんので、鉄道70年記念切手のような記念切手を売るなら間違いなく損します。

ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

切手買取店が住んでる近くになくても切手買取専門店に依頼できるサービスです。ネットから業者のホームページから電話かフォームから査定を依頼できます。手軽に相見積もりも取れて手間をかけることなく高い価値で売ることができるのでおすすめです。主な特徴は

  • 「査定にかかる費用が一切無料」
  • 「出張、宅配、持込から買取方法が選べる。(全国で利用可能)」
  • 「切手査定の経験が豊富な担当者が査定するので適切な査定額を出してもらえる」
  • 「安心・丁寧なサービス」

ネットから査定を申し込むことできる業者の中でも評判が高いのは「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。どの業者も全国展開しております。初めて査定する人に対しても安心なサポートをしっかりとしてくれます。

住んでる周りに切手買取店があっても「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」に依頼するのが手軽で高く売ることができるでしょう。

鉄道70年記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

鉄道70年記念切手切手をどこか1つの業者に依頼をするならバイセルがおすすめです。バイセルなら

  • 買取査定額が他社より高額の可能性が高い
  • 査定を申し込んだその日中に査定から買取までしてもらえる。(地域と時間帯によっては翌日以降)
  • 24時間いつでもお問い合わせや相談ができる
  • お客様満足度が業界no.1(2018年度)

といった良さがあります。他にも予約状況にもよりますが査定を女性に希望をすることも出来ます。しかし、デメリットもあり、査定を依頼する人が増えてきていますので、査定をお願いしたい日に査定してほしいのであれば、前もってお問い合わせしましょう。直近のタイミングだと取れない可能性が高いです。

バイセルの公式サイトはこちら