切手の種類

東京大学創立75年記念切手の価値と買取相場はいくらか紹介します

東京大学創立75年記念切手

東京大学創立75年記念切手は1952年10月1日に記念切手として発行されました。額面は10円の1種類のみです。図柄には東京大学の「安田講堂」が描かれています。

東京大学創立75年記念切手はその名の通り東京大学が作られてから75年を祝して発行されました。

発行されて60年以上経ち、現在では買取相場がいくらくらいで取引されているのか?また、高く売れる方法を紹介します。

東京大学創立75年記念切手の価値と価格、買取相場

東京大学創立75年記念切手
(画像出典:https://marumatestore.com/?pid=347410)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品) シート
10円 500円〜1,000円 1,500円〜2,000円 1万円〜3万円

東京大学創立75年記念切手の額面10円の価値はバラ1枚で500円から1,000円の間で取引されています。コンディションが大変良いと価値が2,000円近くまでアップします。

20枚の綴りのシートであれば1万以上の価値がついています。状態も良いと最大で3万円までアップしてもおかしくないでしょう。

発行部数が300万部と当時では発行された部数としては平均くらいですので、あまり希少価値がつかないですが、バラでも千円以上の価値がついてるコレクターの間では人気の切手です。

切手をより高く売る方法とは?

東京大学創立75年記念切手をより高く売るなら複数の買取業者に査定をしてもらうべきです。切手の買取業者によって査定ポイントが違いますので、バラ1枚でも数百円で価値が変わってきますでしょう。

シートだと数千円で査定額が変わってきますので、1つの業者だけに依頼するのは大きく損してしまいます。

もし、切手買取業者に詳しくないのであれば、「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」がおすすめです。どの業者も東京大学創立75年記念切手の買取実績が豊富で査定額も高いでしょう。

あと、全国展開もしていますし、査定料も無料で相見積もりに最適です。

さらに、高く売る方法として他のものと一緒に査定依頼するというのがあります。「着物」「古銭」「ブランド品」などと一緒に査定に出すことでより高く買い取ってもらえます。おすすめした3業者はどれも買取をしていますので、他にも売れそうなものがないか確認してみましょう。

注意点

切手の取り扱いには注意しましょう。切手の材質は紙で出来ていますので、日焼けやシミ、汚れに大変弱いです。シミや汚れは切手のコンディションを悪くし査定額に大きく影響を及ぼします。

シートだと、切り離なせてしまうほどにボロボロだとシートとして買い取ってもらえなくなります。切手の保管には切手専用のシートを利用するなどして対策しましょう。

東京大学創立75年記念切手について

いろんな外国の切手

発行年 額面 切手の種類
1952年 10円 記念切手

東京大学創立75年記念切手は1952年10月1日に記念切手として発行され、額面は10円の1つだけです。図柄には東京大学のシンボルである「安田講堂」が描かれています。

日本で一番難関の大学「東京大学」は1887年に設立され、1952年に75年を記念に「東京大学創立75年記念切手」が発行されました。大学に関係する記念切手として初めての切手になります。

図柄の安田講堂を撮影したのは原子力工学の研究に努めた日本の産業に大きく貢献した東京大学の元教授「三島良績」です。

大学に関連する記念切手は他にも「慶応義塾創立100年記念切手」「琉球大学開校記念切手」「琉球大学開学10周年記念切手」があります。

東京大学創立75年記念切手を買取ができる方法3つ

切手を売る方法3つ紹介

東京大学創立75年記念切手を売る方法を3つ紹介します。

1.切手買取専門店に持ち込んで査定し買取してもらう

切手買取専門店に来店しその場で査定をしてもらう方法です。切手買取専門店の場合だと相場の値段で買い取ってもらえる可能性が高いです。しかもコンディションが悪くても割と高い値段をつけて買い取ってもらえます。

金券ショップやリサイクルショップだと相場より安い額でしか売れない場合がほとんどです。東京大学創立75年記念切手は価値が高いので、大きく損する可能性が高いです。

しかし、切手買取の専門店は住んでいる地域によっては全くなく、都心まで出ないといけないでしょう。そのため、売ろうと思ったら時間と交通費がかかり、返って損してしまうデメリットがあります。

悪徳業者に騙されないように事前に調べよう

切手買取業者に依頼するのにもう一つデメリットをあげるなら中には悪いサービスの業者がいます。このような悪徳業者は主な対応は

「査定が終わった後日にしつこい買取の営業電話をしてくる」

「ニセモノと言い張って額面以下の金額で買い取ろうとしてくる」

「査定は無料と言いながら、査定後に査定料を請求してくる」

というような対応をしてきます。悪い買取店とのトラブルを控える為にも、事前に業者をよく調べましょう。ネット、sns等を使って第3者の口コミなどの意見をないか探しましょう。あまり情報がないのであれば避けた方が良いかもしれません。

2.ネットオークションやフリマアプリで出品する

切手買取専門店とは違い、住んでる周りにお店があってもなくてもオークションサイトやフリマアプリを使えば家から出ずにかんたんに出品できます。さらに人気のメルカリやヤフーオークションを使えばすぐに相手も見つかるので、売る場合はメルカリかヤフーオークションを利用するのが初心者には良いです。

しかし、デメリットは相場より低い金額でしか売れない可能性が高いです。なぜならネットオークションやフリマアプリで東京大学創立75年記念切手を欲しがっているのは転売屋か素人です。切手査定のプロやコレクターはほぼいないでしょう。

東京大学創立75年記念切手であれば、間違いなく損します。どうしても手っ取り早く売りたい人ならおすすめ出来ます。

3.ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

東京大学創立75年記念切手を売るなら切手買取店に査定をしたいと伝えてきましたが、出向かわなくてもネットから切手買取専門店に査定を依頼できるサービスがあります。

「査定にかかる費用は一切無料」

「日本全国どこでも利用可能」

「適切な査定で評判が高く、利用者も高満足」

「切手以外にも着物、古銭、時計など買い取ってくれる」

たくさんの業者がネットからの申し込めるサービスを提供していますが、おすすめは業者は「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。どの業者も全国に店舗がありますし、切手業者に詳しくない初めての人はこの3つから選ぶと良いでしょう。

さらにこの3つの業者は「出張」「持込」「宅配」と査定を依頼したい人の都合に合わせた査定方法が選べます。バイセルと買取プレミアムは受付時間が24時間でいつでも依頼できます。

公式のホームページには電話番号がありますので、ちょっと不安だなと思う人は電話でまずは相談をしてみましょう。初心者の方に優しいサービスです。

しかし、デメリットもあります。査定を依頼する人が増えており、予約が希望したい日に取りにくくすぐに取れなくなってきつつあります。前もって申し込むことが必要です。

東京大学創立75年記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

東京大学創立75年記念切手を1円でも高く売りたいならバイセルがおすすめです。査定額がとても高く実績が豊富です。

さらにバイセルの良いところは時間帯や地域によりますが、依頼したその日中に最短で現金化までできます。会社も1部上場しており、安心できてお客様満足度も高いです。