切手の種類

東京切手展記念切手の買取相場と高額で売る方法について教えます

東京切手展記念切手

東京切手展記念切手は1947年5月に記念切手として発行されました。額面は1枚20円ですが、発売は15枚綴りの小型シートとして発行されています。

図柄は法隆寺五重塔が描かれています。東京で郵便切手を知る展覧会が開催された事を記念に発行されました。

東京切手展記念切手がいま、どのくらいの値段で買取をされているのか、また高額で売る方法について紹介します。

東京切手展記念切手の価値と価格、買取相場

東京切手展記念切手
(画像出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w300541131)
種類 シート
額面20円15枚シートのみ 3,000円~1万1,000円

東京切手展記念切手は額面20円の15シートのみで買取されている相場が3,000円〜1万1,000円で取引されています。状態が悪ければ悪いと3,000円程度の価値が付き、状態が新品に近いほど1万1,000円程度で取引されます。

図柄に描かれている「法隆寺の五重塔」ですが、当時のコレクターの間では人気の図柄でした。発行部数は小型の記念シートだけあって30万ぐらいと少なく希少価値が高い切手です。

東京切手展記念切手の価値はコンディションに左右されます。切手の材質は紙なので、日焼けやシミ、汚れに大変弱いのでコンディションがすぐに悪化してしまいます。そのため、管理は切手専用の保管シートを利用するなどしてしっかりと管理しましょう。

管理が面倒であれば一度査定に出して価値を確かめるのも良いでしょう。査定のおすすめ業者は「バイセル」です。バイセルなら高額の買取実績が豊富です。さらに査定料が無料で、全国展開していますので誰でも気軽に査定をすることが出来ます。

より切手を高く売る方法

東京切手展記念切手をより高く売るなら切手買取専門店で依頼しましょう。切手専門店だと査定額が適切に出してくれるでしょう。そしてさらに高額売るコツとしては相見積もりをすることです。

切手専門店でも切手の査定ポイントが違います。そのため専門店でも査定額が数千円で変わることもありますので、高く買い取ってもらうなら複数業者に依頼しましょう。

そしてもっと高く売るなら、バラ1枚のシートで売るのではなく他の切手と一緒に複数枚で売ることです。複数だとその分高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

先ほど紹介した「バイセル」では切手以外も「着物」「古銭」「時計」「ブランド品」なども買取をしていますので、切手を持っていない場合他のこういった品とでも一緒に査定に出してみましょう。

東京切手展記念切手について

切手について説明する女性

発行年 額面 切手の種類
1947年 20円(15枚シート) 記念切手

東京切手展記念切手は1947年5月に発行されました。額面は1枚20円の15枚綴りの小型シートとして発行され、図柄は法隆寺五重塔が描かれています。

東京切手展記念切手は東京で「郵便切手を知る展覧会」の開催を記念に発行されました。図柄の法隆寺五重塔は普通切手の図柄をそのまま流用し、色を東京切手展の記念カラーである黄緑色に変更しました。

題材になった「郵便切手を知る展覧会」は開催期間は1週間だったのにも関わらず26万人の来場者が訪れました。東京切手年記念切手のシートは「うなぎ」と切手コレクターの間で呼ばれております。

東京切手展記念切手を買取ができる方法3つ

切手を売る方法3つ紹介

東京切手展記念切手を売る方法を3つ紹介します。

切手買取専門店に持ち込み査定し買取してもらう

切手買取専門店や金券ショップで東京切手展記念切手を査定をしてもらう方法です。切手買取の専門店であれば、相場価格の価値で売れる可能性が非常に高いです。東京切手展記念切手であれば、高額な価値がありますので、金券ショップではなく切手の買取業者に依頼する方が高く売ることができるでしょう。

しかし、デメリットですが切手買取の専門店はほとんどありません。金券ショップや中古ショップでも東京切手展記念切手を査定してもらっても切手査定のプロではない人が査定するので、相場以上の査定は期待しない方がよいでしょう。

東京切手展記念切手は高い価値がありますので、損しないためにも出来るだけ切手の専門の買取業者に依頼したいところです。

【注意】買取業者の中には悪徳業者もいます

切手一覧

買取専門店の中には悪徳な業者がいます。こういった業者は

「査定したあとで電話でしつこい買取営業」

「見えない汚れがあるなどを言って額面程度の価格で買い取りを迫る」

「出張買取を依頼すると家にきて他のモノまで買い取ろうとする」

このような業者とのトラブルに巻き込まれてない為にも買取店を見つけてもすぐにお店に持ち込まず、まずは業者をよくチェックしましょう。業者の公式サイトだけでなく、利用者の口コミ・評判情報をちゃんとチェックしましょう。あまり情報ないのであれば、その店舗は避けた方がよいでしょう。

ネットオークションやフリマアプリで出品する

周辺に買取している業者がいなくてもオークションサイトやフリマアプリだと外に出なくても買い手をみつけて切手を売ることができます。さらにメルカリやヤフーオークションといったユーザーが多いサービスであれば買い手を割と早く見つけることができます。

デメリットは東京切手展記念切手ならオークションサイトやフリマアプリで出品しても相場以上で売れるのは期待できません。というかむしろ相場より安い値段でしかほとんど売れないです。なぜならネットオークションやフリマアプリで額面以上の高価な切手を狙っているのは転売を目的にした転売屋だからです。

査定のプロやコレクターが購入する場合はあまりありませんので、東京切手展記念切手を売るなら間違いなく損します。

ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

切手買取店が家の近くになくても切手買取専門店に依頼できるサービスです。ネットから業者のサイトにアクセスし、査定を依頼できます。東京切手展記念切手なら手軽に相見積もりが取れて手間をかけることなく高い値段で売ることができるのでおすすめです。主な特徴は

「査定にかかる費用が一切無料で査定」

「出張、宅配、持込の3つから買取方法が選べる。(全国で利用可能)」

「切手のプロが査定するので適切な価格で買い取ってもらえる」

「安心・丁寧なサービスでお客様満足度が高い」

ネットから買取査定を依頼できる業者の中でも評価・評判が高いのは「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。どの業者も全国にあり、初めての査定する人に対しても安心なサポートをしっかりとしてくれていますのでおすすめです。

周辺のある切手買取店がない方やネットオークションやフリマアプリを普段使ってない人はこのサービスを利用すると良いでしょう。

東京切手展記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

東京切手展記念切手をどこか1社に依頼をするならバイセルがおすすめでしょう。バイセルの良いところは

  • 買取査定額が他社より圧倒的に高額
  • 地域と時間帯によっては依頼したその日中に査定から買取までしてもらえる。
  • 24時間いつでもお問い合わせや相談ができる
  • 利用者の満足度が業界no.1(2018年度)

といった良さがあります。他にも女性査定員を希望をすることも出来ます(予約状況による)、しかしデメリットもありまして、利用者が増えてきていますので、希望した日に査定してほしいのであれば、前もってお問い合わせしないと取れない可能性が高いです。