切手の種類

靖国神社75年記念切手の買取相場と高額で売るコツを紹介します

靖国神社75年記念切手

靖国神社75年記念切手は1944年6月29日に発行されました。靖国神社が75年経ったのを記念として発行された記念切手です。額面は7銭で1種類のみです。

図柄に靖国神社本殿が描かれています。靖国神社75年記念切手は小さいサイズですが、靖国神社が大変精密に描かれているのが素人目にもわかります。

そんな図柄の美しい靖国神社75年記念切手の買取相場価格や高く売るコツについて紹介していきます。

靖国神社75年記念切手の価値と価格、買取相場

靖国神社75年記念切手
(画像出典:https://aucview.aucfan.com/yahoo/c776018039/)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品) シート
7銭 10円~30円 50円〜90円 1,000円〜5,000円

靖国神社75年記念切手は額面1種類の7銭のみで、使用済みのバラであれば10円~30円の値段がつきます。状態が良いと倍以上に上がり、50円~90円ぐらいで相場は落ち着きます。

シートをお持ちであれば状態によりますが、1,000円以上5,000円未満程度の価値はあるでしょう。

靖国神社75年記念切手は他の記念切手と違い、普通切手と同等の小さなサイズでありながら、高い価値がありそうですが、実際は残存数がかなり多く、他の記念切手と比べて価値は高くありません。

オークションサイトなどを見てもらったら分かるかと思いますが、複数の数が出回っていて非常に入手しやすいです。

しかし、シートは中々出回っておらず手に入れること難しく、価値はバラと比べて高い価値です。

高く売るなら他の記念切手と合わせて売ることで相場以上の価格で買い取ってもらえます。

切手の管理に注意すること

切手はそもそも紙で出来ておりますので、すぐに汚れやシミがついてしまいます。そうなると状態が悪くなり、価値が下がってしまいます。靖国神社75年記念切手であれば、1円程度か最悪買い取ってもらえない場合があります。

シートであれば、数千円のダウンは考えられますので、切手専用のシートを用意し丁寧に保管しましょう。しかし、管理が面倒だと方には買い取ってもらうと良いでしょう。

買取業者に詳しくないのであればバイセルがおすすめです。バイセルなら24時間受付をしており、公式サイトから電話かフォームで申し込むだけで査定を依頼することが出来ます。(なんと無料。)

もちろん靖国神社75年記念切手を始めとした記念切手の高額買取実績もたくさんあります。

一度価値を知りたいという意味でも査定の依頼をするのは良いでしょう。

 

靖国神社75年記念切手について

説明する女性

発行年 額面 切手の種類
1944年 7銭 記念切手

靖国神社75年記念切手は1944年の6月29日に発行された記念切手です。靖国神社が鎮座(ちんざ)してから75年を経ったのことで発行されました。そのため図柄に靖国神社の本殿が描かれています。

額面は7銭の一種類のみ。発行部数は1000万部以上となっています。発行部数が多いため価値は現在そこまで高くありません。

靖国神社75年記念切手は靖国神社の図柄では初のグラビア印刷が用いられた切手となりました。

ポイント

グラビア印刷とは凹版印刷の一つです。写真を細かな升目に分割して、明るさの違う箇所をたくさん分けて凹み、そこへインクを流して印刷するといった印刷技術です。この技術を使うと同じ色でも細やかなで鮮やかな濃淡を表現することが出来ます。

靖国神社75年記念切手に描かれている靖国神社も単色ですが、濃淡で美しさを表現しています。

靖国神社75年記念切手は他の記念切手と違ってサイズが普通切手と同等のサイズで小さいです。この小さい理由は発行当時の日本は太平洋戦争が行われており、資源を節約しないといけませんでした。紙の節約の対象だったので、靖国神社75年記念切手は小さくなりました。

靖国神社75年記念切手を買取ができる方法3つ

切手を売る方法3つ紹介

靖国神社75年記念切手を売る方法を3つ紹介します。シートとバラでおすすめの買取が変わってきます。

切手買取専門店で査定し買取してもらう

お住まいの近くにある切手買取専門店に持ち込み査定を依頼する方法です。靖国神社75年記念切手のシートであれば実績が豊富で優良な切手専門の買取店で査定してもらいましょう。

逆にバラで状態が悪いと高い価値がありません。切手買取店はお住まいの場所によってはあまりないはずなので、金券ショップや一般的な買取店で査定をしてもらっても良いでしょう。

こういった専門店以外にも切手の買取をしているお店は、切手買取専門店より査定額が相場より下回ることがよくあります。バラならまだいいですが、シートだと数千円で損する可能性が高いので注意して下さい。

買取専門店で高く売る方法と依頼するときの注意点

買取店でも査定ポイントが違うため特にシートだと査定額が大きく変わってきます。バラで複数持っているのであれば、より高く買取をしているお店もあるでしょう。高く売りたい場合は複数の店舗で査定を依頼すると良いでしょう。

査定を依頼するときに気をつけたいのが、買取店のサービスの違います。あとで営業の電話があったり、査定料がかかるといろいろあります。依頼するまえにお店に聞くだけでなく、ネットを使って実際の口コミ情報がないかなども調べてみましょう。

ネットオークションやフリマアプリで出品する

先ほどのお住まいの周辺に切手買取店がなければ、遠くまで出かけないといけません。しかし、
ネットのオークションサイトやフリママーケットアプリを利用することで外に1歩も出ずに出品して売ることが出来ます。有名なヤフーオークション(ヤフオク)、メルカリを利用することでユーザー数が多くすぐに買手が見つかることがあります。

しかし、ネットオークションやフリマアプリは転売を狙っている人が多いので、相場より安い額でしか売れません。靖国神社75年記念切手のバラなら状態が良くても高額で売れることはないです。

逆にシートなら損する場合がありますので、普段から使っていて高く売れるコツを知っているのであればいいでしょう。

ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

ネットから依頼して行える査定できるサービスがあります。フリマアプリやオークションサイトと同じで自宅で手軽に依頼できて便利です。サービス内容としては

  • 「査定料やキャンセル料が一切無料」
  • 「査定の方法も持ち込みだけでなく出張や宅配とお客様の都合に合わせた査定ができる」
  • 「24時間中受付が可能(バイセルと買取プレミアム)」

と買取の依頼の初心者には非常に助かるおすすめサービスです。ネットから査定を申し込むサービスを行っている業者も何社かありますが、靖国神社75年記念切手を高い査定をする業者は「バイセル 」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。

シートなら複数の業者に依頼してより高く売ることができるでしょう。

靖国神社75年記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

先ほどのおすすめした3つの買取業者の中でも靖国神社75年記念切手をとにかく高額で売りたいならバイセルが良いでしょう。バイセルは24時間受付をしており、依頼した時間帯や地域によっては当日中になんと査定から買取までしてもらえます。

会社も上場企業だけあって信頼性が高く、査定のプロが沢山在籍していますから靖国神社75年記念切手の買取実績も豊富でおすすめできます。

ただし、利用者が多いので、早めに予約しないと土日祝は取れないなんてことはありますので注意してください。