切手の種類

郵便創始50年記念切手は高い?買取相場や高額で売却の方法とは?

郵便創始50年記念切手

郵便創始50年記念切手は1921年の4月に郵便の事業を開始して50年経ったことを記念して発行されました。

発行された切手の種類は額面が1.5銭、3銭、4銭、10銭の4種類です。図柄は1.5銭と4銭は郵便旗と最初の切手(竜文切手)が描かれており、3銭と10銭は逓信省庁舎が描かれています。

郵便創始50年記念切手は発行されてから80年以上経過しており、非常に希少価値が高い切手です。そんな郵便創始50年記念切手の買取相場や高く売れる方法を教えます。

郵便創始50年記念切手の価値と価格、買取相場

郵便創始50年記念切手
(画像出典:https://marumatestore.com/?pid=23148331)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品) シート
1.5銭 100円~200円 300円~500円 5,000円~16,000円
3銭 100円~300円 200円~500円 5,000円~20,000円
4銭 300~1,000円 1,000円~5,000円 12万円~45万円
10銭 3,000円~7,000円 8,000円~24,000円 38万円〜150万円

郵便創始50年記念切手の額面1.5銭の価値が100円~300円、額面3銭は100円から300円、額面4銭はちょっと上がって300円から1,000円、額面10銭はさらに上がって価値が3,000円~7,000円程度です。どの額面も状態が美品であれば1.5銭と3銭はプラス100円近くは価値が上がり、4銭と10銭は倍以上の価値がつくでしょう。

また全種類バラでも持っていればさらに値段アップの可能性が高いです。状態にもよりますが数万円は確実で買い取ってもらえます。

郵便創始50年記念切手はシートだと価値がさらに上がります。額面1.5銭と3銭は5,000円~2万円近くの価値があり、4銭は10万以上と高額です。しかし驚きは10銭で状態にもよりますが、100万以上で高額売れます。

全額面どれも額面以上の価値がありますが、中でも4銭と10銭は発行部数が大変少ないです。1銭と3銭が545万部発行されたのに対して4銭が24万部、10銭が10万部です。そのためかなり高額の価値が付けられています。

バラでも、「初日カバー(FDC)」だと買取価格が上がる傾向にあります。初日カバーとは切手が発行された初日の消印が押された郵便物のことです。郵便創始50年記念切手の場合、発行日は1921年の4月20日です。

郵便創始50年記念切手を発行する際、当時の日本の印刷技術では図柄を中央に揃える(切手収集用語ではウェルセンターと呼びます。)のが難しく、切手の図柄が中央ではなく偏ったものが多くあります。

この中央に寄った切手は価値が高いです。ズレ具合なども買取店によって全然違います。初日カバーと合わせて、図柄のズレは査定ポイントに大きく左右されますので、高額で売るなら複数の買取店で依頼しましょう。

相見積もりをしたいけど、切手業者に詳しくないのであれば、「バイセル 」「福ちゃん」「買取プレミアム」がおすすめです。どのサービスも郵便創始50年記念切手の買取実績も豊富で1枚のバラから査定依頼ができます。

また、売る気はなくても一度持っている郵便創始50年記念切手の価値を確認するために査定を依頼するのも良いでしょう。先ほどの3つのおすすめ業者ならどこも査定料は無料なので利用してみましょう。

注意点

切手の保管に注意してください。切手は紙なので、すぐに汚れやシミがついて状態が悪くなってすぐに価値がなくなってしまいます。郵便創始50年記念切手は額面以上の価値がせっかくあるのにかかわらず保管次第でただの紙切れになってもおかしくありません。手間かもしれませんが、切手専用のシートを購入して丁寧な大切に管理をしましょう。管理が面倒だと言う人は価値が下がる前に買取してもらうと良いでしょう。

郵便創始50年記念切手について

切手について説明する女性

発行年 額面 切手の種類
1921年 1.5、3、4、10銭 記念切手

郵便創始50年記念切手は1921年の4月20日の昭和に郵便局が事業を始めてから50年経ったことを記念して発行された切手です。

種類は全部4種類あり、1,5銭、3銭、4銭、10銭とあります。図柄は1,5銭と4銭には「郵便旗」「日本国旗」「竜文切手」の3つが描かれております。3銭と10銭には「逓信省(ていしんしょう)」が描かれております。

またそれぞれの図柄でも色が違っております。1,5銭は緑、3銭は黒系、4銭は赤色、10銭は青色です。

逓信省(ていしんしょう)は郵便や通信を管轄する中央官庁です。郵便を象徴する建物でもあります。現在逓信省は関東大震災で焼失してしまいました。

ポイント

郵便事業を開始記念に作られた記念切手は他にも「郵便創始75年」「郵便創業80年記念」「郵便創業百四十周年」があります。

郵便創始50年記念切手を買取ができる方法3つ

切手を買取ができる方法3つ

郵便創始50年記念切手を売ることができる主な方法を3つ紹介します。特にシートは高額で売れるので相見積もりをとることでより高い金額で売り出せますのでオススメします。

切手買取専門店で査定を依頼

郵便創始50年記念切手は額面以上の高額な切手です。価値がある切手は切手買取専門店で査定をするべきでしょう。また、切手を複数枚持っているかシートを持っているのであれば相場より高い値段になりますので、複数の店舗で相見積もりを依頼してみましょう。

しかし、切手買取店はお住まいのお近くにそこまで沢山ありません。都心に行かないと多くないです。

専門店以外にも切手の買取をしているお店はあります。しかし郵便創始50年記念切手のような額面以上の切手は専門店より査定額が安いです。相見積もりをとる前提なら良いかもしれません。

買取専門店で高く売る方法と依頼するときの注意点

切手買取専門店の方が高い値段で買取をしているといいましたが、買取点でも査定ポイントが違うため、査定額が全然違います。特にシートや額面の4銭10銭や図柄の印刷のズレ具合が大きく査定ポイントが違います。なので、可能な限り複数の専門店に依頼しましょう。

切手買取専門店に査定を依頼するときに注意があります。それはサービスの内容が様々ということです。

  • 査定料が無料。でもキャンセル料がかかる
  • 切手を送って査定してもらう
  • 査定は訪問のみ
  • 女性指名不可

など様々あります。とくに査定方法や料金は事前に確認しておかないと後々トラブルになります。事前に買取店の公式サイトをしっかりチェックしておきましょう。あまり情報がない買取店は避けた方がベストです。

ネットオークションやフリマアプリで出品する

中々近隣に買取店がなくてもヤフオクやメルカリのようなネットで出品できるサービスを使うことで、すぐに売ることが出来ます。しかも、忙しい合間をスマホから出品できるので大変便利です。さらに利用ユーザーも多く、すぐに買い手が見つかるのメリットです。

しかし、ネットオークションやフリマアプリはやめておくべきです。なぜなら、相場より安い額でしか売れません。オークションサイトやフリマアプリで郵便創始50年記念切手を購入しようとしているのは転売屋が多いからです。転売屋はコレクターと違って転売が目的なので、高く売るのは難しいです。

4銭10銭なら非常に高額で売れるので、普段から高く売る方法を熟知しているなどでなければ、使わないでおきましょう。

バイセルや福ちゃんなどのネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

相見積もりを取りたいけど、相場かそれ以上の額で買取をしてくれる業者に詳しくない。忙しい合間でも手軽に買取査定を申し込みたい。すぐに現金化したいや郵便創始50年記念切手をしっかり査定してもらえる業者は「バイセル 」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。

このようなネットから依頼して行える査定サービスの特徴は

「査定料、手数料にキャンセル料が無料

「出張、宅配、店舗持ち込みと査定の種類を選べる

「出張買取に女性査定員を指名可(状況による)」

24時間対応している(バイセルと買取プレミアム)」

「他店で断られた切手を買い取ってもらえる可能性が高い(福ちゃん)」

です。切手買取店に詳しくないのであればこれらの切手買取サービスを利用することで手軽に相見積もりをとれて高額で売ることが出来ます。実際これらを利用したお客様の満足度が高いです。

申し込み方法も公式サイトから電話かお問い合わせフォームで依頼するだけです。また、しつこい営業なども一切なく、優良な業者で安心して依頼できます。それでも心配であれば、査定を女性査定員を希望したり、電話で事前に聞いておきましょう。

郵便創始50年記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

郵便創始50年記念切手をとにかく高額ですぐに売りたいならおすすめの3つの中でもバイセルを利用すると良いです。相見積もりは面倒だけど、高額で売りたいのであればバイセルに依頼しましょう。バイセルは依頼した時間帯にもよりますが、頼んだ当日中に査定から買取までしてもらえるスピードが特徴です。

注意点

バイセルは利用者数が多いです。住んでる地域にもよりますが、土日祝は予約が多く、余裕をもって一月前から査定を依頼しておきましょう。