切手の種類

郵便創始80年記念切手は相場はどのくらい?高く売れる方法を紹介

郵便創始80年記念切手

郵便創業80年記念切手は1950年3月22日に郵便事業開始80年を記念して発行された切手です。切手はバラはなく1円切手を4枚で1つになった小型シートのみです。

図柄には郵便制度の創設者の一人であり、その功績から「郵便制度の父」と呼ばれた前島 密(まえじま ひそか)が描かれています。

郵便創業80年記念切手シートは発行部数もそれほど多くなく価値が高いです。そんな切手の買取相場や高く売れる方法を紹介します。

郵便創始80年記念切手の価値と価格、買取相場

郵便創始80年記念切手
(画像出典:https://item.mercari.com/jp/m12147173332/?_s=U2FsdGVkX1-sB0msIMgUh-nOChVGrjptU92C5ZGqEMw36_HnN2g3jGkPMnnwmApKDMhWYbDWFa7z2kPurCGzER_JxfmRNuod3KHVUBJp-Oah_KyN0mSKTwoRFkOA99_-)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品)
1円4枚のシート 200円〜1,000円 1,000円〜2,000円

郵便創始80年記念切手は1円切手が4枚一つになった小型シートのみです。状態がよければ1,000円から2,000円くらいの価値がつきますが、汚れや破れ、日焼けがありますと、200円~1000円くらいの値段に下がってしまいます。

4枚あってもシートから切り離されてしまいますと価値は小型シートと同等の価値はありません。額面以上の価値はあると思いますが、せいぜい数十円から100円程度だと思ってください。

郵便創始80年記念切手は100万部印刷され、希少価値も高く額面以上の金額で取引されています。また滅多にありませんが、「初日カバー(FDC)」初日の消印が押された郵便物だとさらに値段があがります。

もし、「初日カバー(FDC)」なら複数の業者に査定を依頼してみると良いでしょう。

相見積もりをしたいけど、切手業者に詳しくないのであれば、「バイセル 」「福ちゃん」「買取プレミアム」がおすすめです。どのサービスも郵便創始80年記念切手の買取実績も豊富でおすすめ。

また、価値だけ知りたいという場合でも査定を依頼するのも良いでしょう。先ほどの3つのおすすめ業者ならどこも査定料は無料で大変おすすめです。

注意点

切手の保管に注意してください。先ほどに言ったように切手は紙なので、すぐに汚れやシミがついて状態が悪くなり、価値がなくなってしまいます。保管次第ではただの紙切れになってもおかしくありません。切手専用のシートを購入して丁寧な大切に管理をしましょう。もしくは管理が面倒なら価値が下がる前に買取してもらいましょう。

郵便創始80年記念切手について

説明する女性

発行年 額面 切手の種類
1950年 1円 記念切手

郵便創始80年記念切手は1950年の3月22日の昭和に郵便局が事業を始めてから80年経ったことを記念して発行された切手です。

種類は1種類のみで、1円切手が4枚に集められた小型のシートです。小形シートの左半分には切手4枚が並べられて、右半分には「郵便創始八十周年記念 1871-1951」と書かれています。

図柄には前島 密(まえじま ひそか)が描かれています。前島は郵便制度の創設者の一人であり、その功績から「郵便制度の父」と呼ばれました。前島は「郵便」「切手」「葉書」という名称を定めました。

そんな郵便を創設した者だけあって、1円切手や郵便創始75年記念切手の30銭などの図柄にも採用されています。

ポイント

郵便事業を開始記念に作られた記念切手は他にも「郵便創始50年記念」「郵便創業75年記念」「郵便創業百四十周年」があります。

郵便創始80年記念切手を買取ができる方法3つ

査定結果をみせる女性

郵便創始80年記念切手を売るなら基本的な方法を3つ紹介します。3つそれぞれ特徴がありますので査定の参考にしてください。

1.切手買取専門店で査定を依頼する

お住まいの近くにある切手買取専門店に持ち込み査定を依頼する方法です。郵便創始80年記念切手のような高い価値がある切手は切手専門の買取店に持ち込むと良いでしょう。

しかし、切手買取店はそこまで沢山ありません。地方だとわざわざ都心に出ないといけない場合もあり、手間と交通費がかかります。

専門店以外にも切手の買取をしているお店はありますが、切手は専門店より査定額が安くなりがちです。相見積もりをとる前提なら良いかもしれません。

買取専門店で高く売る方法と依頼するときの注意点

買取点でも査定ポイントが違うため、査定額が全然変わってきます。なので、高く売るなら可能な限り複数の専門店に依頼しましょう。

切手買取専門店に査定を依頼するときに注意しておきたいことはサービスの内容が様々ということです。

  • 査定料が有料。
  • 査定方法は訪問のみ
  • 女性査定員の指名不可

などがあり、査定方法や料金は事前に確認しておかないと後々トラブルになります。事前に査定を依頼してる買取店の公式サイトやsnsで口コミがないかなどをしっかりチェックしておきましょう。

ネットオークションやフリマアプリで出品する

ヤフオクやメルカリのようなスマホで出品できるサービスを使うことですぐに買い手をみつけることもできます。さらに利用ユーザーも多いのですぐに買い手が見つかります。

しかし、ネットオークションやフリマアプリはやめておくべきです。なぜなら、相場より安い額でしか売れません。オークションサイトやフリマアプリで狙っているのは転売屋が多いからです。転売屋は安くしか買わないので、汚れがあったりとにかく早く売りたいなら良いでしょう。

ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

ネットから依頼して行える査定サービスの特徴は「査定料、手数料にキャンセル料が無料」「出張、宅配、店舗持ち込みと査定の種類を選べる」「24時間対応している(バイセルと買取プレミアム)」があります。

切手買取店に詳しくないのであれば切手買取サービスを利用しましょう。手軽に相見積もりをとれて高額で売ることが出来ます。

申し込み方法も公式サイトから電話かお問い合わせフォームで依頼するだけでスマホから簡単に申込ます。業者も何社かありますが、無料で見積もりができ、すぐに現金化できて、郵便創始80年記念切手をしっかり高く査定してくれる業者は「バイセル 」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。

郵便創始80年記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

とにかく高額で郵便創始80年記念切手をすぐに売りたいならバイセルを利用すると良いです。バイセルは依頼した時間帯にもよりますが、頼んだ当日中に査定から買取までしてもらえるスピードが特徴です。さらに24時間対応ですので、どんなライフスタイルの人にも使えます。

もちろんサービスも丁寧で安心で、利用したお客様の満足度も高いです。

注意点

バイセルは利用者数が多いです。住んでる地域にもよりますが、土日祝は予約が多く、余裕をもって一月前から査定を依頼しておきましょう。

まとめ

パソコンを操作する女性

郵便創始80年記念切手の相場は1,000円から2,000円程度です。状態の良し悪しでさらに相場の価値の幅が広がるでしょう。丁寧に管理しておかないとすぐに価値が下がってしまいます。とは保管するのが面倒だと言う人には一度査定をしましょう。

紹介した「バイセル 」や「福ちゃん」に無料査定を依頼相見積もりをとりましょう。1枚のシートからも全然査定を受けてくれます。相見積もりをとることでより高額で売れます。

福ちゃんは状態が悪い他店で断れたような切手でも買い取ってもらえる可能性が高いです。

一度郵便創始80年記念切手を買い取ってもらえなかった人は福ちゃんに依頼してみましょう。