切手の種類

裕仁立太子記念切手を買取額は?相場や高く売る方法を紹介します

裕仁立太子記念切手

裕仁立太子記念切手は1916年の11月3日に発行されました。別名「昭和立太子礼」と呼ばれています。昭和天皇であった裕二様が立太子の儀を受けた事を記念に発行されました。

額面は1銭5厘、3銭、10銭の全部で3種です。図柄は1銭5厘と3銭には「オシドリの文様」が描かれていていて、10銭には「儀式のかんむり」が描かれています。

裕仁立太子記念切手(昭和立太子礼)の1銭5厘、3銭、10銭それぞれの買取相場や高く売る方法について紹介します。

裕仁立太子記念切手の価値と価格、買取相場

裕仁立太子記念切手
(画像出典:https://www.fuku-chan.info/kitte/kinen/)
種類 バラ(使用済み) バラ(未使用または美品)
1銭5厘 10円~100円 200円〜500円
3銭 50円〜200円 300円〜780円
10銭 2万円〜4万円 4万7千円〜6万円

裕仁立太子記念切手は額面1銭5厘、3銭、10銭の全部で3種類あります。額面1銭5厘は使用済みだと100円程度、3銭も200円くらいの価値がつきます。未使用から状態が良いと1銭5厘は500円、3銭は800円近くまで上がります。

額面1銭5厘と3銭に対して10銭はなんと使用済みでも2万円以上の価値があります。状態が良いと最大で6万円の価値がついてもおかしくありません。

このように裕仁立太子記念切手は額面以上の価値がある切手です。高く売るなら複数の業者に査定を依頼し相見積もりしましょう。業者によって査定ポイントが違うので、10銭の切手なら1万近く価値が違うことがあってもおかしくないので、切手買取査定店に査定を頼んでみましょう。

業者に詳しくないのであればは「バイセル 」「福ちゃん」「買取プレミアム」がおすすめです。どのサービスも裕仁立太子記念切手の買取実績も豊富で査定やキャンセル料が無料で初めての方にもおすすめです。

また、価値だけ知りたいという場合でも査定を依頼したいのであれば、先ほどの3つの業者に依頼しましょう。

切手の管理に気をつけないと価値が下がってしまうので注意が必要

切手は紙なだけあって、すぐに日焼けしたり、シミができたりなどします。そのため裕仁立太子記念切手はせっかく額面以上の高い価値があるのにもかかわらず、痛んでしまい、価値が下がってしまい、ひどい場合だと買取すらしてもらえなくなってしまいます。

こういった切手の価値が下がるのを防ぐためにも切手を丁寧に保管しましょう。保管におすすめなのは切手専用のケースを利用しましょう。もし、管理が面倒であればいっそのこと買取をしてもらった方が良いと思います。

なぜ裕仁立太子記念切手の額面10銭だけ価値が高いのか?

発行部数が圧倒的に少なく、希少価値が非常に高いです。額面1銭5厘と3銭はそれぞれ600万部、500万部に対し、額面10銭は8万6千部しか発行されていません。図柄は儀式のかんむりが描かれており、切手収集家の間では通称「かんむり」と呼ばれています。収集家たちにとってはコレクションしたい中の一つです。

裕仁立太子記念切手について

パソコンを操作する女性

発行年 額面 切手の種類
1916年11月3日 1銭5厘、3銭、10銭 記念切手

裕仁立太子記念切手は1916年の11月3日に昭和天皇の裕二様が立太子の儀を受けた事を記念に発行された切手です。

額面は1.5銭、3銭、10銭の3種類あります。図柄は1.5銭、3銭にはオシドリの文様が描かれております。1.5銭には日本初となる3色を使った印刷方式が使われました。10銭には儀式のかんむりが描かれており、切手コレクターの間では10銭の切手「かんむり」と読んでいます。コレクター間でも10銭は非常に人気のある切手です。

立太子の礼を記念に発行された切手は他にも「明仁立太子礼記念切手」があります。

裕仁立太子記念切手を買取ができる方法3つ

切手を売る方法3つ紹介

裕仁立太子記念切手を売る方法を3つ紹介します。切手の額面であったり、自分にあった買取方法を選ぶと良いでしょう。

切手買取専門店で査定し買取してもらう

お住まいの近くにある切手買取専門店に持ち込み査定を依頼する方法です。裕仁立太子記念切手の10銭であれば実績が豊富で優良な切手専門の買取店で査定してもらいましょう。

しかし、切手買取店はお住まいの場所によってはあまりなく、都心に出ないといけないでしょう。地方だと探すのが大変というデメリットがあります。

1.5銭や3銭の状態がよくないのであれば、そこまで買取価格の価値に変化もありませんので、一般的な買取店で査定してもらっても良いかもしれません。

こういった専門店以外にも切手の買取をしているお店は、切手買取専門店より査定額が安くなりがちです。10銭なら損する可能性が高いので相見積もりをとるのであれば良いかもしれません。

買取専門店で高く売る方法と依頼するときの注意点

買取店でも査定ポイントが違うため特に10銭は査定額が全然変わってきます。なので、高く売りたいのなら沢山の専門店に依頼しましょう。

切手買取専門店に査定を依頼するときに気をつけたいのが、買取店のサービスの内容が様々ということです。「査定料が有料」「キャンセル可能」「女性査定員の指名不可」「後に電話で営業がある」

などがあり、査定方法や料金は事前に確認しておかないと後々トラブルになります。

ネットオークションやフリマアプリで出品する

先ほどのお住まいの周辺に切手買取店がなければ、オークションやフリママーケットアプリのようなスマホで売ることができるサービスを使うことは忙しい合間にも売り手が見つけられるので、便利です。

しかし、ネットオークションやフリマアプリは転売を狙っている人が多いので、相場より安い額でしか売れません。裕仁立太子記念切手の額面1.5銭や3銭であればそこまで高額でもないので、買取店が周りにない、または日中忙しくて査定を依頼できない人は良いでしょう。

10銭は高額なので、大きく損する場合が高いです。なので、次で紹介するネットから買取査定を依頼できるサービスを利用しましょう。

ネットから査定を依頼できる切手買取サービスで査定する

ネットから依頼して行える査定サービスとは「査定料、手数料にキャンセル料が無料」「査定の方法が出張、宅配、店舗に持ち込みと選べる」「24時間受付可能(バイセルと買取プレミアム)」があります。

申し込み方法もスマホ一つでかんたんです。それぞれの業者の公式サイトから電話かお問い合わせフォームで依頼するだけです。フリマアプリを普段から使っていない人にも手軽でおすすめです。

このようなサービスを行っている業者も何社かありますが、裕仁立太子記念切手を高く査定してくれる業者は「バイセル 」「福ちゃん」「買取プレミアム」です。

どの額面の裕仁立太子記念切手でも手軽で高額で査定をしてもらえますので、非常におすすめできます。

裕仁立太子記念切手を高額で高く売るならバイセルがおすすめ

バイセルの公式サイト
(画像出典:https://www.speed-kaitori.jp/stamp/)

先ほどの3つのおすすめ買取業者の中でも裕仁立太子記念切手を売るならバイセルを利用すると良いです。バイセルは24時間受付をしており、依頼した時間帯によっては当日中に査定から買取までしてもらえるスピードが特徴です。

また会社の上場企業だけあって信頼性が高く、悪質なサービスはなく、丁寧で満足度が高いです。もちろん裕仁立太子記念切手の買取実績が豊富でおすすめできます。

利用者が多いので、早めに予約しないとすぐに枠が埋まってしまいますので、まずはお気軽に相談をすると良いでしょう。