古銭の種類

【全3種類】外国銀貨の鑑定価値は?買取価格&平均相場《2020最新》

メイプル銀貨

銀貨は日本のものだけではなく外国銀貨もあります。ただ外国銀貨と言っても種類によって価値が大きく変わってきます。

銀貨の買取価格ほどピンキリと言われているものもないでしょう。海外銀貨を持っている人は、もしかしたらプレミア価格がついているものもあるかもしれません。

海外銀貨を積極的に買取している業者もあるので、どれくらいの価値があるのかをしっかり把握しましょう。今回は海外銀貨の価値や買取相場について見ていきましょう。

【全3種類】外国銀貨の買取価格・価値・平均相場一覧

外国銀貨と言っても、さまざまなものがあります。銀貨によって価値などが異なってくることもあるので、こちらでは外国銀貨の価値や平均相場などについて見ていきましょう。

【全3種類】外国銀貨の買取価格・価値・平均相場一覧

①【イーグル銀貨】鑑定価値と買取相場価格

amazon「イーグル銀貨」 時代 1986年~
価値 B
相場 銀相場が目安
素材
画像出典 amazon「イーグル銀貨」
(※上記はあくまで実績です。実際の買取金額を保証するものではありません。)

イーグル銀貨は1986年からアメリカ合衆国で発行されているものです。現在まで毎年発行されていることもあり、古銭のようなプレミア価格がつくことはありません。

  • プルーフ加工によって通常の銀相場より高くなる場合もある
  • 基本的には通常の銀相場が買取価格となっている

このように、現在も発行されていることもあって高額買取がされるものではないようです。銀の買取相場-数百円×重量が目安と言われています。

②【メイプルリーフ銀貨】鑑定価値と買取相場価格

メイプル銀貨 時代 1998年~
価値 B
相場 銀相場が目安
素材
画像出典 楽天
(※上記はあくまで実績です。実際の買取金額を保証するものではありません。)

1998年から毎年発行されているカナダの銀貨です。エリザベス2世の肖像とサトウカエデの葉が描かれている特徴を持っています。

  • プルーフ加工のものは通常銀貨よりも若干価値が高くなる
  • 基本的には銀相場と同じ買取価格となっている

現在も使用されている銀貨ということもあり、高額取引がされているわけではありません。日本では珍しい銀貨ではありますが、カナダでは現在も使用されているものなのです。

③【オーストラリア1キロ銀貨】鑑定価値と買取相場価格

オーストラリア1キロ銀貨 時代 1998年~
価値 B
相場 銀相場が目安
素材
画像出典 楽天
(※上記はあくまで実績です。実際の買取金額を保証するものではありません。)

オーストラリアで毎年発行されている銀貨であり、直径10cmという大型の銀貨です。1キロ銀貨と言われるだけあって、量目が1kgとなっています。

価値としては現在も発行されていることもあり、特別な価値はないと言われています。

  • 大型の外国銀貨
  • オーストラリア以外にも1キロ銀貨を発行しているところがある
  • 基本的に重量通りの価値と考えておくべき

このように、特別なプレミア価格がついているわけではありません。

注意点

お金としての価値はあっても銀貨収集の価値としては低いと言われているので注意してください。

《基本知識》外国銀貨はどのような歴史や目的で作られたの?

勉強をしている人

日本銀貨が貿易のために作られたと言われているように、外国銀貨も国によって異なる理由があります。交渉をするために作られた銀貨もあれば、金貨の補助貨幣として作られた銀貨もあります。

銀貨によって作られた目的は異なっていると考えましょう。そのため、一概に「〇〇な理由」として挙げることができないのです。国の歴史などによって作られた目的や歴史は異なります。

外国銀貨を適正価格で高く売るなら『バイセル』がおすすめ

バイセル

外国銀貨の高価買い取りをして欲しいなら、バイセルがオススメです。バイセルは古銭買取専門業者なので適正価格で買い取ってくれます。高価なコインの価値を見逃して安値を付けることがありません。

しかも様々な買取方法をしてくれます。

  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

出張買取や宅配買取サービスは無料ですし、査定料や手数料も無料です。査定依頼をしてから即日対応をしてくれます。買取の際は現金で即払いをしてくれますから、現金がすぐに欲しいときには助かります。

査定後に他の業者と価格を比べて、少しでも高ければそれ以上の価格を提示してくれることもあります。実績が豊富で信頼できる業者なので、初めての方にはオススメです。

まとめ

メイプル銀貨
(画像出典:楽天)

外国銀貨はデザインの良い銀貨が多くあります。そのため、日本銀貨を見慣れた人にとってはパッと目を引かれるものがあるでしょう。

基本的に今回紹介した外国銀貨は特別な価値があるわけではなく、現在も使用されているものであることを覚えておきましょう。

現在も使用されていることから売却に関する利益などはほとんどないと言われています。銀の重量による相場相当の価値のみと覚えておいてください。