古銭の種類

【全9種類】100円硬貨の買取価格は?鑑定価値&売買相場《まとめ》

100円

100円硬貨は戦後から発行された貨幣で、今はそれほど珍しいと思わないかもしれません。ただ100円硬貨は現行貨幣以外にも2種類発行されていますし、6種類の記念硬貨も合わせて全部で9種類あります。

たかが100円硬貨だから価値はないだろうと思うかもしれませんが、中には希少価値が高い100円硬貨もあります。

ここではこれまで発行された9種類の100円硬貨の特徴や買取価格、そしてプレミア価値のある100円硬貨についてまとめています。

20211027

古銭買取の最新情報

古銭、古紙幣、硬貨、コインの適正価格を知るには、必ず専門の鑑定士がいる買取業者に依頼してください。当サイトでお問い合わせが多い「バイセル」は全国出張買取で専門の査定員が自宅で無料鑑定してくれます。

もちろん、売るかどうかは鑑定次第で問題ありません。「価格や価値が知りたい!」方にもおすすめです。

      
買取・鑑定・売却ならこの方法がおすすめ
買取方法鑑定の正確さ高価買取対応地域
リサイクルショップ×店舗周辺
金券ショップ店舗周辺
古銭買取専門業者全国
古銭買取専門業者なら業界大手"バイセル"が安心
  • CM&マザーズ上場で有名な買取業者(利用率No.1)
  • プロの査定員が全国出張買取(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高額買取に期待

(※1点からOK!電話相談可)

【全9種類】100円硬貨の買取価格・鑑定価値《平均相場一覧》

100円硬貨はこれまでに記念硬貨を含めると全部で9種類発行されています。ここではその9種類の100円硬貨について、特徴や買取価格・鑑定価値についてまとめています。中には額面以上の価値がある100円硬貨もあるので参考にしてみてください。

【全9種類】100円硬貨の買取価格・価値・平均相場一覧

①【100円硬貨(鳳凰)】鑑定価値と買取相場価格

100円硬貨(鳳凰)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1957年~1958年
価値 D
相場 額面から150円
素材
画像出典 wiki「百円硬貨」

1957年から2年間だけ発行されたのが鳳凰100円銀貨です。2年しか発行されていない割には発行枚数も多く、古銭としての価値はそれほど高くはありません。

そのためたいていは額面通りの価値しかなく、状態が良いもののみ150円程度で買取されることがあります。未使用品であっても500円くらいの買取相場になります。

②【100円硬貨(稲穂)】鑑定価値と買取相場価格

(画像出典:wiki「百円硬貨」)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1959年~1966年
価値 D
相場 額面から150円
素材
画像出典 wiki「百円硬貨」

1959年から7年間発行されたのが表面に稲穂がデザインされた稲100円銀貨です。比較的発行枚数も多かったため、古銭としての価値はそれほど高くはなく使用感のある硬貨は額面通りの価値しかないでしょう。

ただ状態が良い硬貨ならば150円程度、未使用品なら800円で取引されることはあります。

③【100円硬貨(桜花)】鑑定価値と買取相場価格

(画像出典:wiki「百円硬貨」)
, パブリック・ドメイン, via Wikimedia Commons
時代 1967年~現在
価値 D
相場 額面通り
素材
画像出典 wiki「百円硬貨」

1967年から現在に至るまで発行されているのが表面に桜花が描かれた桜100円白銅貨です。現行貨幣ということから、古銭としての価値はほとんどありません。ただ一部の未使用品に限り、年銘によって額面よりも高く取引されています。

また1987年からはプルーフ硬貨も発行されていますが、そちらも200円から300円、平成13年と14年銘なら1,000円前後で買取されることもあります。

④【100円硬貨(東京五輪記念100円銀貨)】鑑定価値と買取相場価格

100円硬貨(東京五輪記念100円銀貨) 時代 1964年
価値 D
相場 額面から200円
素材
画像出典 造幣局「記念貨幣一覧」

1964年に東京オリンピックの開催を記念して発行されたのが東京五輪記念100円銀貨です。この100円硬貨は同時に発行された1000円銀貨幣とともに日本で初めての記念硬貨となっています。

東京五輪記念100円銀貨は発行枚数が8000万枚と非常に多かったため、鑑定価値は低く状態が良いものや未使用品のみ200円から400円で取引されています。

⑤【100円硬貨(日本万国博覧会記念100円白銅貨)】鑑定価値と買取相場価格

100円硬貨(日本万国博覧会記念100円白銅貨) 時代 1970年
価値 D
相場 額面から150円
素材
画像出典 造幣局「記念貨幣一覧」

日本万国博覧会記念100円白銅貨は1970年に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会、通称大阪万博を記念して発行された記念硬貨です。

発行枚数も非常に多かったこともあり、鑑定価値はほとんど高くなっていません。そのため未使用品のみ200円くらいで買取されるのが精一杯でしょう。

⑥【100円硬貨(札幌五輪記念100円白銅貨)】鑑定価値と買取相場価格

100円硬貨(札幌五輪記念100円白銅貨) 時代 1972年
価値 D
相場 額面から200円
素材
画像出典 造幣局「記念貨幣一覧」

札幌五輪記念100円白銅貨は、1972年に開催された日本及びアジア初の冬季オリンピックとなった札幌オリンピックを記念して発行された記念硬貨です。

発行枚数も3000万枚と多かったこともあり、鑑定価値は高くありません。使用感のある高価だと額面通り、状態が良い硬貨のみ200円で買取されることがあります。

⑦【100円硬貨(沖縄国際海洋博覧会100円白銅貨)】鑑定価値と買取相場価格

100円硬貨(沖縄国際海洋博覧会100円白銅貨) 時代 1975年
価値 D
相場 額面から150円
素材
画像出典 造幣局「記念貨幣一覧」

沖縄国際海洋博覧会100円白銅貨は1975年の沖縄国際海洋博覧会の開催を記念して発行された100円記念硬貨です。

記念硬貨の中では最も発行数が多い1億2000万枚も発行されているため、希少価値は低い記念貨幣です。そのためほぼ額面通りの鑑定価値しかなく、一部未使用品のみ200円程度で取引されています。

⑧【100円硬貨(天皇陛下御在位50年記念100円白銅貨)】鑑定価値と買取相場価格

100円硬貨(天皇陛下御在位50年記念100円白銅貨) 時代 1976年
価値 D
相場 額面から200円
素材
画像出典 造幣局「記念貨幣一覧」

天皇陛下御在位50年記念100円白銅貨は1976年に昭和天皇即位50年を記念して発行された100円記念硬貨です。

デザインがコレクターの中では人気ですが、発行枚数が多かったことから鑑定価値も高くありません。使用感のあるものは額面通り、美品や未使用品のみ200円から400円で取引されています。

⑨【100円硬貨(新幹線鉄道開業50周年記念100円クラッド貨幣)】鑑定価値と買取相場価格

100円硬貨(新幹線鉄道開業50周年記念100円クラッド貨幣) 時代 2015年
価値 D
相場 額面通り
素材
画像出典 造幣局「記念貨幣一覧」

新幹線鉄道開業50周年記念100円クラッド貨幣は新幹線鉄道が開業してから50周年を記念して発行された100円硬貨で、2015年と2016年にかけて9種類発行されています。

新しい記念貨幣で額面も100円と低かったこともあり、額面以上の価値はありません。また新幹線のタイプによっての鑑定差もなく、未使用品のみ200円くらいで取引されることはあります。

【画像付き】プレミア価値のあるレアな100円硬貨一覧

ポイント

100円硬貨は普段から小銭として持ち歩いているため額面通り100円の価値しかないと思っているかもしれません。ですがその中には額面以上の価値がある100円硬貨もありますし、中には数十万円ものプレミア価値のあるレアな100円硬貨もあるのです。

まず額面以上の価値がある100円硬貨としては1957年と1958年に発行された鳳凰100円銀貨と1959年から7年間発行された稲100円銀貨です。

これらは銀の含有量が60%以上あり、銀相場が上昇している昨今、額面以上で買取してもらえる可能性が高いです。

また現行貨幣である桜100円白銅貨も発行枚数が少ない年があり、未使用品や状態の良い硬貨なら以下のような価格で取引されます。

  • 昭和42年・44年銘…300円から600円
  • 昭和43年・45年・平成13年・14年銘…200円から400円
  • 昭和58年から60年銘…100円から300円
  • 昭和46年・57年銘…100円から200円
  • 昭和47年・48年銘…100円から150円

それ以上にプレミア価値のある100円硬貨がエラーコインであり、10万円以上で取引される可能性があります。

必見!100円硬貨を査定相場より高く売るなら『バイセル』

100円硬貨の高価買い取りをして欲しいなら、バイセルがオススメです。バイセルは古銭買取専門業者なので適正価格で買い取ってくれます。高価なコインの価値を見逃して安値を付けることがありません。

しかも様々な買取方法をしてくれます。

  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

出張買取や宅配買取サービスは無料ですし、査定料や手数料も無料です。査定依頼をしてから即日対応をしてくれます。買取の際は現金で即払いをしてくれますから、現金がすぐに欲しいときには助かります。

査定後に他の業者と価格を比べて、少しでも高ければそれ以上の価格を提示してくれることもあります。実績が豊富で信頼できる業者なので、初めての方にはオススメです。

《豆知識》100円硬貨とは~背景や貨幣価値について~

色々な種類の硬貨

100円硬貨が日本で初めて発行されたのは1957年に発行された鳳凰100円銀貨です。今では100円硬貨は500円硬貨に次ぐ高額紙幣となっていますが、当時は100円硬貨が最も高額な貨幣でした。

今となっては100円はそれほど高額なお金という感覚はありませんが、明治30年代の物価は今とは異なるため、今よりももっと価値がありました。

明治30年代の1円は今の貨幣価値で10円くらいでしたので、当時の100円硬貨は今の1,000円くらいの価値があったことになります。

また鳳凰100円銀貨と稲100円銀貨は60%もの銀が含まれており、銀の価格が高くなっている近年は100円銀貨に含まれる銀だけでも額面以上の価値があります。

ポイント
参考までに2020年8月時点の銀の価格は1gあたり約100円ですので、それだけで288円もの価値があるのです。

まとめ

100円

100円硬貨が毎日のように見る珍しくもない硬貨かもしれません。ですが昔の100円硬貨はもちろん、現行の桜100円硬貨でも、年銘によっては発行枚数が少なく額面以上の価値があるものもあります。

さらにはエラー紙幣などは数万円から数十万円で取引されることもあるのです。ですので、もし珍しい100円硬貨を見つけたのであれば、誤って使わないうちに古銭買取業者に買取してもらうのがいいでしょう。

ただ買取業者によっては貴重な100円硬貨をしっかり鑑定できないケースもあるので注意しましょう。