古銭の種類

【全8種類】古紙幣『10円札』買取価格は?鑑定価値&平均相場《まとめ》

マネー

祖父母の家を整理していると古銭が出てくることがあります。特に明治期以降のお金は、意外と出てくるものです。そうした古銭の取り扱いについて困る人も多いでしょう。

実は古銭というのは専門家に任せるのが一番です。何故なら買取をお願いするとしても、専門的な知識や経験がないと適正価格がつけられないからです。

初心者では見分けるのは難しいのですが、ここでは10円札について見ていきます。買取価格相場や特徴などをまとめてみました。

20211027

古銭買取の最新情報

古銭、古紙幣、硬貨、コインの適正価格を知るには、必ず専門の鑑定士がいる買取業者に依頼してください。当サイトでお問い合わせが多い「バイセル」は全国出張買取で専門の査定員が自宅で無料鑑定してくれます。

もちろん、売るかどうかは鑑定次第で問題ありません。「価格や価値が知りたい!」方にもおすすめです。

      
買取・鑑定・売却ならこの方法がおすすめ
買取方法鑑定の正確さ高価買取対応地域
リサイクルショップ×店舗周辺
金券ショップ店舗周辺
古銭買取専門業者全国
古銭買取専門業者なら業界大手"バイセル"が安心
  • CM&マザーズ上場で有名な買取業者(利用率No.1)
  • プロの査定員が全国出張買取(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高額買取に期待

(※1点からOK!電話相談可)

【全8種類】10円札の買取価格・鑑定価値《売買相場一覧》

古銭の1つである10円札は明治期初期から発行されています。全部で12種類、さらに2種類の未発行紙幣がありますが、ここでは代表的な8つの種類について見ていきましょう。中には高値がつくものがあるかもしれません。

【全8種類】10円札の買取価格・価値・平均相場一覧

①【旧10円券(大黒札)】鑑定価値と買取相場価格

時代 1885年~1939年
価値 B
相場 20万円~40万円
素材 紙幣
画像出典

10円札の中でも希少価値が高いのが旧10円券です。紙幣の図柄として大黒天が描かれていることから、大黒札や大黒10円札と呼ばれています。古銭の中でも非常に希少価値が高きものとして有名です。

  • 一般的なものでも買取価格相場は20万円~40万円程度
  • 美品なら40万円~100万円程度
  • 未使用品なら100万円~300万円程度

とかなり高額です。特に未使用品は現存数も少ないので、もし発見できれば高値で買取して貰えるでしょう。

②【改造10円券(日本銀行兌換銀券)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1890年~1939年
価値 B
相場 20万円~40万円
素材 紙幣
画像出典 なし

改造10円券もまた古銭市場では高値をつけています。改造兌換銀行券というもので、和気清麻呂公が描かれています。勤王の忠臣として有名なことから、紙幣の図柄に良く用いられました。

ちなみに縁取りにイノシシが描かれていることから、表猪10円札とも呼ばれる古銭です。

  • 通常での買取価格相場は20万円~40万円
  • 美品なら40万円~80万円
  • 未使用品であるのなら100万円以上

とかなり高額の買取価格相場となっています。

③【10円札(甲号券)】鑑定価値と買取相場価格

時代 1899年~1939年
価値 C
相場 1万円~3万円
素材 紙幣
画像出典 なし

10円札甲号券は裏猪10円札とも呼ばれています。これは裏面に猪がデザインされているためです。

明治後期から昭和初期まで発行されていた古銭で、前期は万葉記号、後期にはアラビア数字で書かれています。現在では若干アラビア数字の方が買取価格相場が高くなります。

  • 通常品の買取価格相場は1万円~3万円、アラビア数字なら2万円~5万円
  • 美品だと3万円~8万円となり、アラビア数字は5万円~10万円
  • 未使用品は30万円から50万円、アラビア数字は35万円~60万円

以上です。

④【10円札(乙号券)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1915年~1939年
価値 D
相場 1500円~4000円
素材 紙幣
画像出典 なし

10円札乙号券は日本で発行された紙幣の中で、唯一肖像画が左側に配置されているのが特徴です。モデルは和気清麻呂公で左和気10円札とも呼ばれています。

ここまで紹介してきたような高値はつきませんが、額面よりもかなり高い価値がついているのが特徴です。

  • 通常品なら買取価格相場は1500円~4000円くらい
  • 美品だと4000円~2万円前後
  • 未使用品になると2万円~5万円程度

一般に流通していたものだと、だいたい3000円前後が買取価格相場です。

⑤【10円札(丙号券)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1930年~1946年
価値 D
相場 50円~150円
素材 紙幣
画像出典 なし

昭和5円から10円札は連続して4つの種類が発行されます。丙号券はその第1段だったことから、一次10円札とも呼ばれる古銭です。ちなみに一次から四次まですべて肖像画は和気清麻呂公となっています。

  • 通常品の買取価格相場は50円~150円、証紙付きなら100円~200円
  • 美品だと150円~700円、証紙付きで200円~800円
  • 未使用品は700円~2000円、証紙付きで800円~2500円

というようになっています。見つかったものが証紙付きなら大切に保管しておきましょう。

⑥【10円札(い号券)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1943年~1946年
価値 D
相場 30円~150円
素材 紙幣
画像出典 なし

1943年発行の10円札がい号券となります。3次に発行された10円札とほぼデザインが同じなのですが、記番号が黒色で印刷されているものが2次10円札です。古銭市場としては、そこまで価値が高くありません。

  • 通常品の買取価格相場は30円~150円、証紙付きだと100円~200円
  • 美品でも150円~700円、証紙付きなら200円~800円
  • 未使用品は700円~1000円前後で、証紙付きだと800円~1500円程度

となっています。

⑦【10円札(ろ号券)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1945年~1946年
価値 B
相場 50円~300円
素材 紙幣
画像出典 なし

10円札ろ号券は1944年に発行されたものです。3次10円札とも呼ばれているもので、記号の色が赤色で通し番号が省略されているのが特徴です。新円に切り替わった時の証紙付きだと価値が高くなります。

  • 通常品の買取価格相場は50円~300円で、証紙付きは100円~400円
  • 美品の場合は300円~1200円、証紙付きなら400円~2000円前後
  • 未使用品でも1200円~3000円程度、証紙付きでも2000円~4000円

以上のようになっています。

⑧【10円札(A号券)】鑑定価値と買取相場価格

(画像出典:wiki「十円紙幣」)
Eclipse2009 (パブリック・ドメイン or パブリック・ドメイン), via Wikimedia Commons
時代 1946年~1955年
価値 D
相場 20円~50円
素材 紙幣
画像出典 wiki「十円紙幣」

10円札A号券は和気清麻呂公ではなく、国会議事堂がデザインされています。そのため国会議事堂10円札とも呼ばれています。1946年から発行されたもので、実は現在でも実際に使用できる紙幣です。

  • 通常品の買取価格相場は20円~50円
  • 美品だと50円~200円程度
  • 未使用品でも200円~500円前後

基本的には額面以上の価値はついていますが、古銭というよりも現行紙幣としての側面が強いかもしれません。

古紙幣10円札を平均相場より高く売るなら『福ちゃん』がおすすめ

福ちゃん

福ちゃんは買取実績数が600万点以上と多く、専門知識・鑑定力の高さも保証されているため、安心して任せることができます。本当の価値を見逃しませんので、丁寧な査定をしてもらいたい方におすすめです。

また、福ちゃんは初めて買取に出す・買取でわからないところがあるという方にもおすすめです。福ちゃんは「お客様ひとりひとりに合ったサービス」を追求しているので、電話相談から査定まで丁寧に説明してもらえます。

初めて売る方でも安心して買取に出すことができますので、ぜひ一度査定をしてみてください。

《豆知識》10円札とは~当時の紙幣価値~

では発行された当時の10円札とはどういった紙幣だったのでしょうか。明治後期に発行されたものは兌換券で、い号券からは日本銀行券になっています。最後に発行されたA号券は現行紙幣としても利用可能です。

ただしその場合は額面通りの価値しかありません。そのため流通していたものでも古銭として買取してもらった方が、買取価格が高くなります。当時の紙幣価値としては以下のようになっています。

  • 大黒10円札が発行された明治18年だと、白米一升が6.5銭程度
  • 左和気10円札が発行された大正4年は、白米一升が13銭
  • 一次10円札が発行された昭和5年頃だと、白米一升は18銭

という物価から考えると10円札というのは、今でいう1万円くらいの高額紙幣であったことが分かります。

まとめ

マネー

古銭の1つである10円札について調べてみました。10円札は明治の後期から昭和初期まで発行されていたものです。

古いお金というイメージがあるかもしれませんが、最終発行となるA号券10円札は現行でも使える紙幣になっています。買取価格相場としては様々です。

種類が多いのですが、基本的に現代に近づくほど希少性が薄れていくと考えてください。逆に明治期に発行されたものだと希少価値が高く、100万円を超えるようなケースも珍しくありません。