古銭の種類

【全2種】2円硬貨・金貨の買取価格は?鑑定価値&販売相場《まとめ》

硬貨

円硬貨というと1円・5円・10円・50円・100円・500円で、今も昔も変わっていません。ですが実は明治初期には2円硬貨も発行されていました。

ただし発行された期間も発行枚数も極めて少なく、プレミア価値があります。ここでは実際に発行されていた2種類の2円硬貨・金貨の特徴と現在の買取価格をまとめています。

なかなかお目にかかることが少ない硬貨ですし、偽物やレプリカも出回っているので、もしお持ちの方は参考にしてみてください。

20211027

古銭買取の最新情報

古銭、古紙幣、硬貨、コインの適正価格を知るには、必ず専門の鑑定士がいる買取業者に依頼してください。当サイトでお問い合わせが多い「バイセル」は全国出張買取で専門の査定員が自宅で無料鑑定してくれます。

もちろん、売るかどうかは鑑定次第で問題ありません。「価格や価値が知りたい!」方にもおすすめです。

      
買取・鑑定・売却ならこの方法がおすすめ
買取方法鑑定の正確さ高価買取対応地域
リサイクルショップ×店舗周辺
金券ショップ店舗周辺
古銭買取専門業者全国
古銭買取専門業者なら業界大手"バイセル"が安心
  • CM&マザーズ上場で有名な買取業者(利用率No.1)
  • プロの査定員が全国出張買取(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高額買取に期待

(※1点からOK!電話相談可)

【全2種類】2円硬貨・金貨の買取価格・鑑定価値・平均相場一覧

円貨幣は記念硬貨を除けば1円・5円・10円・50円・100円・500円ですが、これまで2円硬貨・金貨も発行されています。ここではこれまで発行された2種類の2円硬貨・金貨について、特徴や現在の買取価格をまとめています。

【全2種類】2円硬貨・金貨の買取価格・価値・平均相場一覧

①【2円硬貨・金貨(明治3年・大型)】鑑定価値と買取相場価格

(画像出典:wiki「日本の金貨」)

JFS – selfmade, CC 表示 3.0, リンクによる
時代 1870年
価値 C
相場 5,000円から5万円
素材
画像出典 wiki「日本の金貨」

初めて2円硬貨が発行されたのが1870円の2円金貨です。2円金貨はこの後に小型のものが発行されていますので、こちらを大型2円金貨と呼ばれることもあります。

この大型2円金貨は明治3年のみ発行されたもので、鑑定価値も高いです。美品なら3万円以上、未使用品なら10万円近くで取引されています。

②【2円硬貨・金貨(明治9年・小型)】鑑定価値と買取相場価格

時代 1876年、1877年、1880年
価値 A
相場 100万円から500万円
素材
画像出典 なし

1876年から発行された2円金貨は、1870年の2円金貨よりもサイズが小さくなった貨幣です。デザインは変わらず量目も金の割合も変わりません。ただ発行枚数が極端に少なく、非常に価値が高まっています。

使用感のある2円金貨でも100万円以上、状態が良ければ500万円、未使用品なら900万円もの価値があります。財務省放出分として登場した明治13年銘の2円金貨は3210万円もの価格がついています。

プレミア価値のあるレアな2円硬貨・金貨を高く売るための注意点

スマホを見る

2円硬貨・金貨は金が3gも含まれている非常に価値が高い硬貨です。2020年8月時点での金の価格は1g約7,000円ですから、それだけでも2万円以上の価値があることになります。

しかも縮小版となると、発行枚数が極めて少なく数百万円ものプレミア価値があります。こういったレアな2円硬貨・金貨は安く手放してはいけません。少しでも高く売るためには以下のような点に注意しましょう。

  • 劣化する前に早く売る
  • 売却するまでは大切に保管する、触らない
  • 汚れは無理に落とさない
  • 信頼できる古銭買取業者に査定してもらう

特に縮小版の2円金貨は硬貨の状態によって数百万円も差が出ることもあります。また買取業者によっても査定額は大きく異なる場合もあるでしょう。ですので、安易に手放すことなく慎重に買取してもらいましょう。

《豆知識》2円硬貨・金貨とは~貨幣価値や重さ~

金貨

2円硬貨・金貨は明治初期のわずかな期間しか発行されなかったプレミア級の硬貨です。2円の金貨というと、金の価格の方が高いのではと思うでしょう。

2円金貨には3gの金が含まれているので、今なら約2万円の価値があるので、それが2円というとかなりの差があるように感じます。ですが、2円金貨が発行された明治初期の貨幣価値と今の貨幣価値は異なります。

当時の1円は今の2万円ほどの価値があったといわれますから、2円は約4万円の価値があったことになります。金は価格が変動しにくいといわれますので、そう考えると決して額面に合わない価値というわけではなかったようです。

ポイント
発行枚数が極端に少なかった縮小版の2円金貨は、金の価値ではなくコレクションとしての価値が非常に高まっており、金の価値をはるかに上回る価格で取引されています。

まとめ

硬貨

2円硬貨・金貨は明治初期に発行されたものですから、持っている人は少ないかと思います。特に縮小版の2円金貨は発行枚数が304枚、特に明治13年銘は87枚しか発行されていないのでかなりのプレミア硬貨となります。

もし2円金貨を持っているのであれば、今後も大切に保管しておくのもいいですが、少しでも状態が良いうちに買取してもらうのも1つの方法です。

ただ数百万円ものプレミア価値はついているものもあるため、買取してもらう際には慎重に取引しましょう。