古銭の種類

【最新版】古紙幣『200円札』買取価格は?鑑定価値&相場《全3種類》

(画像出典:楽天「200円札」)

かつて日本国内で使われていた古銭の1つに200円札があります。お年寄りの中には懐かしいと思う人もいるかもしれません。

何故なら恐慌に合わせて発行されたからです。その後、第二次大戦後に敗戦国となった日本は、物資の供給不足から大幅なインフレになりました。このインフレ対策としても発行されたのが200円札です。

このお金は意外と家の中で見つかることもあるでしょう。古いお金なので価値があるかも考えてもおかしくありません。そこで200円札の買取価格相場などを調べてみます。

20211027

古銭買取の最新情報

古銭、古紙幣、硬貨、コインの適正価格を知るには、必ず専門の鑑定士がいる買取業者に依頼してください。当サイトでお問い合わせが多い「バイセル」は全国出張買取で専門の査定員が自宅で無料鑑定してくれます。

もちろん、売るかどうかは鑑定次第で問題ありません。「価格や価値が知りたい!」方にもおすすめです。

      
買取・鑑定・売却ならこの方法がおすすめ
買取方法鑑定の正確さ高価買取対応地域
リサイクルショップ×店舗周辺
金券ショップ店舗周辺
古銭買取専門業者全国
古銭買取専門業者なら業界大手"バイセル"が安心
  • CM&マザーズ上場で有名な買取業者(利用率No.1)
  • プロの査定員が全国出張買取(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高額買取に期待

(※1点からOK!電話相談可)

【全3種類】200円札の買取価格・鑑定価値《平均相場一覧》

では古銭の1つである200円札の買取価格相場や、その特徴などを見ていきましょう。ちなみに200円札には3つの種類があります。

【全3種類】200円札の買取価格・価値・平均相場一覧

では1つずつ確認していきましょう。

①【200円札(乙号券)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1927年~1946年
価値 A
相場 100万円~200万円
素材 紙幣
画像出典 なし

200円札の乙号券は1927年~46年まで使われていたものです。表には彩文と呼ばれる図柄で、裏面は印刷がありません。恐慌を沈静化させるために発行されたものであり、粗雑な作りなのが特徴です。

  • 買取価格相場は100万円~200万円前後
  • 状態が良ければ数百万円を狙える

古銭の世界では裏白200円札と呼ばれているもので、現存している数がかなり少ないのです。そのため買取相場価格としても、異例の値段になっています。

②【200円札(丙号券)】鑑定価値と買取相場価格

200円札(丙号券) 時代 1945年~1946年
価値 B
相場 10,000円~200,000円
素材 紙幣
画像出典 楽天「200円紙幣」

200円札の丙号券は1945年~46年までの発行です。非常に短期間で失効していることもあり、古銭の中でも希少価値が高い部類に入ります。表には武内宿禰が描かれていて、裏面は赤い彩文です。

  • 買取価格相場は1万円~20万円程度
  • 美品ならさらに高値が期待できる

古銭取引では裏赤200円札とも呼ばれています。肖像画の武内宿禰は最も長く使われている人物です。12代から16代の各天皇に仕えたとされる、伝説の忠臣になります。

③【200円札(丁号券)】鑑定価値と買取相場価格

200円札(丁号券) 時代 1945年~1946年
価値 C
相場 5,000円~50,000円
素材 紙幣
画像出典 楽天「200円紙幣」

200円札の丁号券も1945年~46年まで発行されたものです。表には藤原鎌足が描かれていた、裏面には談山神社十三重塔がデザインされています。紙幣としてのデキはあまり良くないそうです。

  • 買取価格相場は5000円~5万円前後
  • 他の2種類ほど高値がつかない

丁号券も乙号券や丙号券と同じように作られたものですが、現存する量が多いためそこまでの希少価値がついていません。古銭の中では200円札は高いとイメージする人もいますが、残念ながら丁号券はそうではないのです。

《予備知識》200円札とは~当時の紙幣価値について~

複数の古紙幣

古銭の1つである200円札の紙幣価値などについても調べてみました。いずれも日本銀行が発行する兌換券になります。昭和金融恐慌によって取り付け騒ぎが発生したことから、国内では紙幣が不足しました。

この紙幣不足を埋めるために製造されたのが200円紙幣です。急遽作られたことから紙幣としての質が粗雑で、そこに歴史が伺えるのも特徴です。

当時は社会が混乱していたこともあり、紙幣価値がかなり上下した時代だとも言えます。200円札は当時にしては高額紙幣でした。

ポイント
ちなみに乙号券が発行された1930年頃だと、お砂糖1kgの値段が38銭でした。これから換算すると、いかに高額の紙幣であるかが分かるでしょう。

まとめ

(画像出典:楽天「200円札」)
(画像出典:楽天「200円札」)

古銭の1つ200円札の買取価格相場についての情報でした。200円札は昭和金融恐慌の時代に発行されたものが乙号券、大戦後に発行されたのが丙号券と丁号券になります。

乙号券は非常に希少価値が高いこともあり、もし見つかれば数百万円の値がつくでしょう。丙号券も乙号券ほどではありませんが、古銭の中では高い買取価格相場を維持しています。

最後の丁号券については流通に使われていたこともあり、意外と現存する枚数もあるのです。そのため古銭的な価値はさほど高くありません。