古銭の種類

改造兌換銀行券の買取価値はいくら?鑑定価格&査定相場《全4種類》

(画像出典:wiki「一円紙幣」)

改造兌換銀行券は明治中期に発行された紙幣で全部で4種類あります。この改造兌換銀行券は近代紙幣の中でも非常に古銭としての価値が高くなっており、これよりも古い紙幣よりも価値が高いものもあります。

明治時代に発行されたものですから、もしかすると蔵の中から出てくるということも十分考えられます。

ここでは改造兌換銀行券4種類の特徴や現在の買取相場についてまとめていますので、もしお持ちの方はどれくらい希少価値が高いのかチェックしてみましょう。

20211027

古銭買取の最新情報

古銭、古紙幣、硬貨、コインの適正価格を知るには、必ず専門の鑑定士がいる買取業者に依頼してください。当サイトでお問い合わせが多い「バイセル」は全国出張買取で専門の査定員が自宅で無料鑑定してくれます。

もちろん、売るかどうかは鑑定次第で問題ありません。「価格や価値が知りたい!」方にもおすすめです。

      
買取・鑑定・売却ならこの方法がおすすめ
買取方法鑑定の正確さ高価買取対応地域
リサイクルショップ×店舗周辺
金券ショップ店舗周辺
古銭買取専門業者全国
古銭買取専門業者なら業界大手"バイセル"が安心
  • CM&マザーズ上場で有名な買取業者(利用率No.1)
  • プロの査定員が全国出張買取(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高額買取に期待

(※1点からOK!電話相談可)

【全4種類】改造兌換銀行券の買取価格・鑑定価値《売買相場一覧》

改造兌換銀行券は発行開始年が異なりますが、全部で4種類発行されています。いずれも古銭としての価値が非常に高い紙幣となっています。ここでは改造兌換銀行券の特徴や鑑定価値、現在の買取価格をまとめています。

【全4種類】改造兌換銀行券の買取価格・価値・平均相場一覧

①【改造兌換銀行券(改造一円券)】鑑定価値と買取相場価格

(画像出典:wiki「一円紙幣」) 時代 1889年から現行紙幣
価値
相場 1,000円から2万円
素材
画像出典 wiki「一円紙幣」

改造兌換銀行券1円札は武内宿禰が描かれていますが、このデザインは大正5年に発行される大正兌換銀行券と同じものです。ただ改造兌換銀行券1円札は記番号が漢数字で描かれている事から漢数字1円札とも呼ばれています。

古いもので今から130年も前に発行された紙幣ですが、実は現在も使用できる紙幣です。銀行で両替すれば額面通りですが、古銭としての価値は高く状態が悪くても1,000円以上の価値があります。

②【改造兌換銀行券(改造五円券)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1888年から1939年
価値 B
相場 3万円から40万円
素材
画像出典 不明

改造兌換銀行券5円札は紙幣中央のデザインが江戸時代に量目を測定するのに使った分銅に似ている事から、分銅5円とも呼ばれています。改造兌換銀行券5円札は現存している枚数が非常に少ないため古銭の価値は高くなっています。

そのため状態の悪い紙幣でも3万円を下回ることはありませんし、状態が良ければ40万円ほどになります。さらに未使用品なら200万円を超える価値があるといわれています。

③【改造兌換銀行券(改造十円券)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1890年~1939年
価値 A
相場 20万円から80万円
素材
画像出典 不明

改造兌換銀行券10円札は表面に8頭の猪が描かれていることから、表猪10円札とも呼ばれています。現存している枚数が極めて少ないため、古銭としての価値が非常に高くなっており、状態が悪くても20万円を下回ることはないでしょう。

状態が良ければ80万円近く、もしも未使用品であるならば1枚で300万円もの価値があるといわれています。

④【改造兌換銀行券(改造百円券)】鑑定価値と買取相場価格

画像なし 時代 1891年から1939年
価値 A
相場 1000万円以上
素材
画像出典 不明

改造兌換銀行券100円札は表面のデザインが眼鏡のように見えることと、肖像画に藤原鎌足が描かれていることから眼鏡鎌足100円札とも呼ばれています。

改造兌換銀行券はすべて古銭としての価値が高いのですが、100円札は特にプレミア価値があります。というのも未回収分が93枚のみという記録があり、実際に市場に出回ったこともありません。

そのため買取相場はないようなもので、もしも見つかれば1,000万円を超える価値があるともいわれています。

改造兌換銀行券とは~製造発行の背景や価値について~

複数の古紙幣

改造兌換銀行券は明治21年から発行された紙幣です。この3年ほど前まで発行されていたのが旧兌換銀行券と呼ばれるものでしたが、この紙幣は紙幣の強度を高めるためにこんにゃく粉を加えていました。そのためネズミや虫食いが多くなってしまいました。

また温泉成分により変色するなどの欠点が多かったため、これらを解消するために発行されたのが改造兌換銀行券です。

全部で4種類の額面が発行され、銀本位制が終わるまで発行された紙幣です。そして1円札に限っては実は現在でも1円として使うことができる紙幣となっています。

ただ古銭としての価値は非常に高くなっており、1円札でも1万円以上、100円札は現存枚数もわずかで古銭の中でもトップクラスの価値があり1,000万円以上の価値があるといわれています。

まとめ

(画像出典:wiki「一円紙幣」)
(画像出典:wiki「一円紙幣」)

このように改造兌換銀行券は明治時代に発行開始された近代紙幣ではありますが、古銭としての価値は非常に高いものになっています。

回収されなかった枚数も多かった1円札の並品でさえ額面の2,000倍から5,000倍もの価値まで上がっています。

100円札に限ってはほぼ市場に出てくることがないといわれる紙幣ですので正確な価値は分かりませんが、それ以外は数十万円から数百万円もの価値があります。

ただ買取業者によって査定額に差が出ると思うので、しっかりと信頼できる業者に査定してもらいましょう。