古銭の種類

50円硬貨の買取価格はいくら?買取価格&平均相場まとめ《全3種類》

50円玉

50円硬貨というと今の穴が開いた50円玉を思い浮かべるでしょう。ですが50円硬貨は終戦後から発行され、現在に至るまで全部で3種類の硬貨が発行されています。

まだ新しい硬貨ですから、大切に保管していた人もいるかもしれません。50円硬貨は価値がないと思うかもしれませんが、硬貨によってはプレミア価値が付くものもあります。

ここでは3種類の50円硬貨の特徴と買取価格をまとめています。またプレミア価格が付く50円硬貨についても紹介していきます。

20211027

古銭買取の最新情報

古銭、古紙幣、硬貨、コインの適正価格を知るには、必ず専門の鑑定士がいる買取業者に依頼してください。当サイトでお問い合わせが多い「バイセル」は全国出張買取で専門の査定員が自宅で無料鑑定してくれます。

もちろん、売るかどうかは鑑定次第で問題ありません。「価格や価値が知りたい!」方にもおすすめです。

      
買取・鑑定・売却ならこの方法がおすすめ
買取方法鑑定の正確さ高価買取対応地域
リサイクルショップ×店舗周辺
金券ショップ店舗周辺
古銭買取専門業者全国
古銭買取専門業者なら業界大手"バイセル"が安心
  • CM&マザーズ上場で有名な買取業者(利用率No.1)
  • プロの査定員が全国出張買取(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高額買取に期待

(※1点からOK!電話相談可)

【全3種類】50円硬貨の買取価格・鑑定価値・平均相場一覧

50円硬貨は戦後になってから初めて発行された貨幣ですが、これまで全部で3種類発行されています。ここではその全3種類の50円硬貨の特徴や買取価格、プレミア価格が付く50.円硬貨などをまとめていますので参考にしてみてください。

【全3種類】50円硬貨の買取価格・価値・平均相場一覧

①【50円硬貨(ニッケル貨・旧50円玉・穴なし)】鑑定価値と買取相場価格

五十円ニッケル貨(穴あり)
As6673, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons
時代 1955年~1959年
価値 D
相場 額面から100円
素材 ニッケル
画像出典 wiki「五十円硬貨」

50円硬貨というと穴がある効果というイメージがありますが、1955年から発行された50円ニッケル貨は穴が開いていません。

比較的新しい硬貨ですし、発行枚数も多かったことからほとんどの50円ニッケル貨は額面通りの価値しかないでしょう。ただ未使用品であれば600円から2,000円くらいで取引されることが多いです。

②【50円硬貨(ニッケル貨・穴あり)】鑑定価値と買取相場価格

(画像出典:wiki「五十円硬貨」)

As6673 – <span class=”int-own-work” lang=”ja”>投稿者自身による作品</span>, CC 表示-継承 3.0, リンクによる
時代 1959年~1967年
価値 D
相場 額面から300円
素材 ニッケル
画像出典 wiki「五十円硬貨」

1955年から発行された穴がない50円ニッケル貨は、当時の100円銀貨と似ていた事から区別しやすくするために1959年から穴ありの50円ニッケル貨を発行しています。発行枚数が多く、ほとんどが額面通りの価値しかありません。

ただその中でも昭和35年銘の穴あり50円硬貨は価値が高く、状態が良ければ200円から300円ほど、未使用品だと4,000円以上で取引されています。

③【50円硬貨(白銅貨)】鑑定価値と買取相場価格

(画像出典:wiki「五十円硬貨」)

パブリック・ドメイン, リンク
時代 1967年~現在
価値 D
相場 額面から800円
素材 ニッケル・銅
画像出典 wiki「五十円硬貨」

現行貨幣となる50円白銅貨は1967年から発行されています。

現行貨幣ですから額面通りの価値しかないだろうと思うかもしれませんが、貨幣セットとしてのみしか発行されていない年もあり、使用済みの50円白銅貨でも300円近い価格、未使用品なら800円近くで取引されています。

また1987年からはプルーフ硬貨も発行されており、それらは少なくとも100円、昭和62年銘になると3,000円近くで取引されています。

プレミア価値のあるレアな50円硬貨一覧

50円硬貨はこれまで3種類発行されており、ほとんどの硬貨は額面通りの価値しかありません。ですがその中でも以下のような50円硬貨はプレミア価値がありますのでチェックしてみてください。

プレミア価値のあるレアな50円硬貨一覧

50円玉のレアコインは『エラーコイン』

50円玉のレアコインとしては、滅多に出回ることがないエラーコインです。エラーコインとは製造過程の中で、何らかのトラブルでできてしまった不良品のことです。

50円硬貨に限らずエラーコーンはありますが、50円硬貨は穴をあけるという工程があるため、他の硬貨よりもエラーが出やすいです。50円玉のエラーコインとしては以下のようなものがあります。

  • 穴ずれエラー
  • 穴なしエラー
  • ヘゲエラー
  • 角度ずれエラー
  • 印刷ずれエラー

穴ずれでもずれの大きさによって鑑定価値は異なりますが、数万円で取引されることもあります。また穴なしエラーはさらにレアですので、数十万円もの価値が付くこともあるのです。

さらに平成22年銘から平成25年銘までは発行枚数が少ないことから、その年のエラーコインならさらに高額になるでしょう。

プレミア価値の高い50円硬貨は『昭和62年発行』

瓶の中に入ったお金

現行の50円白銅貨は1967年から実に60年以上発行され続けています。ただすべての年が同じ発行枚数というわけではなく、その年によっては発行枚数が極端に少ない場合もあります。そういった年銘の50円硬貨は高額で取引されています。

発行枚数が少ない年銘はいくつかありますが、その中でも特に高額で取引されているのが昭和62年発行の50円白銅貨です。

昭和62年銘の50円白銅貨は通常発行はされておらず、貨幣セットに含まれている物のみで77万5,000枚しか発行されていません。

そのため使用済みの50円白銅貨だとしても、300円から800円で取引されています。それがもし未使用品となれば1,000円以上、そしてその年から発行されたプルーフ貨幣なら3,000円近くで取引されることもあります。

50円硬貨を平均相場より高く売るなら『福ちゃん』がおすすめ

福ちゃん

福ちゃんは買取実績数が600万点以上と多く、専門知識・鑑定力の高さも保証されているため、安心して任せることができます。本当の価値を見逃しませんので、丁寧な査定をしてもらいたい方におすすめです。

また、福ちゃんは初めて買取に出す・買取でわからないところがあるという方にもおすすめです。福ちゃんは「お客様ひとりひとりに合ったサービス」を追求しているので、電話相談から査定まで丁寧に説明してもらえます。

初めて売る方でも安心して買取に出すことができますので、ぜひ一度査定をしてみてください。

50円硬貨とは~背景や貨幣価値について~

50円硬貨が初めて発行されたのは、終戦後の1955年です。ただ実は本来は終戦直後の1950年に発行されるはずでしたが、同年に発生した朝鮮戦争の影響でニッケルの価格が高騰したこともあってみ発行となっているのです。

1955年に発行された50円ニッケル貨は今の50円白銅貨のような穴は開いておらず、当時の鳳凰100円銀貨と似ていたため問題となっていました。そのため今度は穴が開いた50円ニッケル貨が1959年に発行されることになったのです。

今は50円硬貨はそれほど高価とは感じませんが、当時と今とでは物価が異なり今の10倍ほどの貨幣価値がありました。そのため当時の50円硬貨は、今の貨幣価値で考えると約500円ですから、500円硬貨に匹敵するほどの価値だったのです。

まとめ

50円玉

50円硬貨はこれまで3種類発行されていますが、古い50円ニッケル貨でも使用感のある硬貨は額面通りの価値しかありません。また状態が良いものでも額面以上にはならない場合も少なくないのです。

ただその中でも年銘によってはかなりプレミア価値のある物もありますし、エラーコインなどはさらに高額で取引されています。

とはいっても買取業者によって見立ては異なるので、しっかりと価値を見極められる古銭買取業者に査定してもらいましょう。